贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【みなみ若葉エンゼル園】に、絵本寄付した際の口コミ体験談

【みなみ若葉エンゼル園に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

ナナコさんの絵本寄付体験談をご紹介します

子供が大きくなり、もう見る事はないだろうなと思い、そのまま取っておいても次に誰が見るかわからないし、場所を取ってしまうくらいなら、他の誰かに読んでもらった方がよいだろうと思ったからです。
売る事も考えましたが、二束三文にしかならないならば、子供たちがお世話になったこども園に寄付をして、小さな子供たちに毎日手にとってもらえた方が、本も幸せだろうと思ったからです。
また、園には昔の本が多かったので、現代風のも見て育ってほしいと思いました。

なぜ【みなみ若葉エンゼル園】に絵本を譲ることにしましたか?

どこに寄付をしても良かったのですが、自分の子供たちがそのこども園で育ち、お迎えに行ったりするとよく本を読んでいる事が多かったので、他の子供たちにもそうやって読んでもらえたら良いなと、その光景が浮かんだからです。

【みなみ若葉エンゼル園】絵本寄付の受入状況

とても歓迎していただけました。

きっと子供たちにとって、本は何冊あっても良いものだと思います。

自分の子供が通っていたので、どんな本があるかも把握していた為、かぶったりもありませんでした。

おもちゃも一緒に寄付したので、直接持って行きました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

昔、本を読んで育った子は犯罪者にならないというのを聞き、自分が子供に恵まれたらたくさん読んであげようと思っていました。

しかし、実際子供を産んでも、共働きだったうえに、主人は一切協力する人ではなかったので、毎日の仕事と家事と育児に追われ、私は全くと言っていい程、本を読んであげることができませんでした。

なので、保育園で先生が読み聞かせをして下さっているのがとても助かりました。

小さい頃に読んでもらった本の内容よりも、どういう風に読んでもらったかを私は覚えているので、それも含め絵本て良いなと思います。

 

これから絵本寄付をされる方へ

本を買い取ってくれるところはたくさんありますが、その後どうなるかがわからないよりも、自分の目で確かめて、ここの子供たちに読んでもらいたいと思い、寄付できたら一番良いと思います。

本も大切にすれば何世代にもわたって読んでもらえるので、それは本の良いところだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました