贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【三郷市北部図書館】絵本寄付の口コミ体験談

【三郷市北部図書館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

lenaさんの絵本寄付体験談をご紹介します

自分が持っているより、第三者に送った方が、絵本のためになると思ったからです。
特に私自身が大切にしていた思い入れのある絵本は大人になって、たとえ読まなくなったからと簡単に捨てられる訳ではありませんでした。
しかし、家にあっても、押し入れで寝ている状態では、絵本たちが可哀想です。
絵本の本来の役目を果たしていません。
自分の代わりにたくさんの子供に読んで欲しい、また、絵本を通じて、知識を得て欲しいと願って行動しました

なぜ【三郷市北部図書館】に絵本を譲ることにしましたか?

元々、私自身、そちらの図書館にはよく本を読むために通ってました。
ゆかりのある図書館になります。
しかし、小さな図書館なので、本や絵本の数が少ないと感じてました。
少しでも、街のために貢献したい!
次世代の子供に絵本に触れて欲しく、図書館にしました。

【三郷市北部図書館】絵本寄付の受入状況

絵本以外には、漫画コミックも図書館には喜ばれました。

事前に届ける日にちや持って行く絵本を伝えていたので、歓迎されてたと思います。

当日は、図書館側は状態や中に文字が書いてあるかどうかなどをチェックしてから、受け取りました。

本や寄付に対する【想い・思い出】

絵本にも旬があります。

その時代に合わせた話題の作品もあります。

しかし、昔からずっと読まれてる、読まれ継がれる絵本も存在するのです。

いわば、自分たちから次の世代に絵本を通じて、メッセージを送ることが出来ます。

絵本を通じて、自分が子供の頃に感じた思い、そして、大人になってから、読み返して感じた思い、それぞれを寄付によって、思いも受け継ぐことが出来ます。

たかが絵本ですが、その裏には絵本の読み手の思いや歴史が詰まってます。

これから絵本寄付をされる方へ

要らないものはありません。

これは私が好きな絵本に出てくる台詞です。

捨てるのではなく、自分の大切にしてる絵本の未来を考えた立派なボランティアだと思います。

読み手を探してあげることで、絵本達も喜ぶと思います

タイトルとURLをコピーしました