贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【三重県四日市市の学童保育所】に絵本寄付した際の口コミ体験談

【三重県四日市市の学童保育所に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

みきさんの絵本寄付体験談をご紹介します

子供が小さいころから本が好きだったので家にはたくさんの本がありました。
この本でまた楽しみを見つけてくれるお子さんがいることを想像すると、たくさんの人に使ってもらいたくなりましたので寄付することにしました。
また、同じように寄付されたとのお話を伺い、お役に立てればと思いました。
私と子供の思い出としてお気に入りだった本は手元に残しておくことにしました。
どなたかが読んでくれているのかと思うと幸せな気持ちになります。

なぜ【三重県四日市市の学童保育所】に絵本を譲ることにしましたか?

子供がお世話になっていた場所でしたのと、他の親御さんが寄付されたとの話を聞き、我が家も寄付したいと思い、保育所の先生に伺ってからお持ちさせて頂きました。
そちらの保育所では活字の本が少ないと、子供が通っている時に言っておりましたので、そのような本を寄付しました。

【三重県四日市市の学童保育所】絵本寄付の受入状況

子供に人気がある本もありましたので、喜んでいただけたのではないかと思います。

その時に先生に伺ったのは、「漫画は何冊も同じものがあって、場所をとっている」とのことでした。

あと、知育玩具のようなものも直接お持ちしました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

子供は成長した今でも特に読書が好きです。

幼くてまだ字が読めないころ、何度も何度も私に読むようにせがみました。

すると、本を見なくてもすらすらと物語を話せるようになりました。

自然と字も読めるようになっていきました。

そういう体験があったからかは定かではありませんが、国語の成績がよかったように思います。

現在もたくさんの本が読みたいようで図書館へ通っては様々なジャンルの本を楽しんでいるようです。

私自身も絵本を読み聞かせする時間は穏やかなものでした。

 

これから絵本寄付をされる方へ

寄付される前に、お持ちしてもよいものか確認したほうがよいかと思います。

また、小さなお子さんたちがこの本に触れてくれるのかと、嬉しくあたたかな気持ちになりました。

それに思い出として残しておきたい気持ちもありましたが、記憶の思い出だけで十分でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました