贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【世田谷区の私立保育園】絵本寄付の口コミ体験談

【世田谷区の私立保育園に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

ピーナッツさんの絵本寄付体験談をご紹介します

きっかけは引っ越しでしたが、子供がお世話になった保育園に、寄付しました。
引っ越しの荷物を少なくしたいというのもありましたが、それ以上に、保育園にお礼がしたい、卒園まで通うことができなかったので、少しでも園と繋がっていたいという思いもありました。
また、こんなに素敵な絵本もあるんだよ、ということを、園児に知ってもらいたいというのもありました。
幸い、一人っ子の女の子で、絵本がそれほど傷んでいなかったので、活用してもらえると思いました。

なぜ【世田谷区の私立保育園】に絵本を譲ることにしましたか?

図書館に寄付するという選択肢もありましたが、やはり、娘がお世話になった保育園に、少しでも感謝の気持ちを表したいというのがありました。
また、娘が園を離れてからも、◯◯ちゃんの絵本だよ、と言って忘れないでもらえるのでは、と思いました。

【世田谷区の私立保育園】絵本寄付の受入状況

対面で、お渡ししました。

比較的、傷んでいない絵本を選んで寄付したので、大変喜んでもらえました。

保育園では、子供は毎日絵本を読むので、すぐ傷んでしまうと思います。

いつも入れ替えが必要なので、綺麗な絵本を寄付するのは、歓迎されると思います。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

子供は、親や先生に絵本を読んでもらうのが大好きなので、今は子育ては終わってしまいましたが、良い思い出となっています。

子供が好きだった絵本を思い出すだけで、とてもあたたかい気持ちになります。

また、自分で買う絵本だと、つい偏ってしまうので、人が寄付した絵本にふれると、世界が広がります。

夜、寝る前に絵本の読み聞かせをしていましたが、子供はとても楽しみにしていました。

「ちゃんとおかたづけをすると、ママがえほんをよんでくれます」と、子供が自ら書いて、部屋に貼っていました。

 

これから絵本寄付をされる方へ

自分が紹介したい、素敵な絵本を寄付するのは、とても楽しいことです。

できれば、あまり傷んでいない、手放すのはちょっと惜しいなあと感じるくらいの絵本を寄付するほうが、感謝されるので、おすすめです。

ぜひ、素敵な絵本を、世の中にもっともっと広めてください。

タイトルとURLをコピーしました