贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【世田谷区 芦花保育園】絵本寄付の口コミ体験談

【世田谷区 芦花保育園に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

John Sさんの絵本寄付体験談をご紹介します

自分が小さい頃から絵本が好きで、よく読み聞かせしてもらっていたのですが、私が言っていた幼稚園には絵本が少なくいつも同じ話では飽きてしまうなどの事があり、家にはたくさん絵本があるのに、幼稚園に無くて嫌だなという思いをした事がありました。
今の子供たちが同じ絵本ばっかで飽きずに、色々なお話に出会って感受性や本を楽しむ豊かさを知って、色々な絵本に触れる機会があればいいなと思い、家にあった絵本を家の近所の保育園に寄付しました。

なぜ【世田谷区 芦花保育園】に絵本を譲ることにしましたか?

自分の家の近所であり、色々な行事を通してその保育園の先生がたと顔なじみでもあったため。
また、そこの保育園に一時期通っていた事があったためこの保育園に本を寄贈しようと思いました。
自分と同じような寂しい思いをしてもらいたく無く、お願いしました。

【世田谷区 芦花保育園】絵本寄付の受入状況

特に嫌な顔はされず、全て、と言っても5冊程度ですが絵本を受け取っていただけました。

家が近いこともあり、直接渡しに行きました。

特に大々的には寄付を募っている様子ではありませんでした。

今でもその本が、読み聞かせで使われたり、児童が読んでいたりするそうです。

本や寄付に対する【想い・思い出】

自分自身、現在本を読むことがかなり好きなのですが、そのような人格形成に一役買ったのが小さい頃に読んでもらった絵本だったと思っています。

絵本を通して、自分の知らない世界や空間に旅をするという楽しさや、次のページをめくりたくなるワクワク、ドキドキした気持ちなど、多くの感受性を育んでくれる物だと思います。

小さい頃からちゃんとした文章に慣れていれば、大きくなってから本を読んでも抵抗はありませんし、大好きになれる、小さい頃にしかできない大切なチャンスだと思っております。

これから絵本寄付をされる方へ

出来るだけ、一般受けする本がいいと思います。

仮面ライダーなどと言ったものでは無く、ザ絵本と言ったものの方が施設側の人は喜んでくれると思います。

あとは新品すぎない方が、施設の人たちも受け取るのに抵抗がないようなので、実際に使ってた絵本のお下がりみたいなものがいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました