贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【中標津町の図書館】絵本寄付の口コミ体験談

【中標津町の図書館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

MSさんの絵本寄付体験談をご紹介します

自分が子供の頃読んだ絵本や我が子たちが読んだ本が、ずっと本棚に眠っている状態だったので、今まさに絵本を必要としている子どもたちや保護者の手に渡り、読んでもらうことができたら、絵本にとっても嬉しいだろうと思い、寄付することにしました。
絵本や本が大好きですので、つい買ってしまい、増えてしまいがちでしたが、本棚のサイズに合わせて収めることで、多すぎる本から選ぶ手間が省けるからか、子どもたちも以前よりも本を手に取るようになりました。

なぜ【中標津町の図書館】に絵本を譲ることにしましたか?

古本を集めており、古本市といった子どもたちがたくさん来場するイベントで販売をしその収益が施設の整備や新しい本の購入に充てられるということで、古本を寄付することで、町の図書整備の役に立つことができると思ったため。

【中標津町の図書館】絵本寄付の受入状況

絵本の寄付について歓迎され、イベント開催時に使用したいと嬉しい声かけを頂きましたが、引っ越しシーズンだったからか、貸出カウンターに受け入れた沢山の本が山積みになっており、内部では困っていたのかもしれないと思います。

本や寄付に対する【想い・思い出】

絵本が大好きで、大人になっても図書館や書店の絵本コーナーを見て回り、子どもが生まれてからは、毎週のように図書館にお世話になっています。

絵本に囲まれた空間でたくさんの絵本たちを自由に見て手に取れる環境は本当に素晴らしいと思います。

絵本は心の栄養と言いますが、いつも私の側にいてくれ、癒しや穏やかな気持ちにさせてくれます。

また、子どもたちと絵本を通して触れ合う時間はとても貴重で、同じ絵本を読むその時間や空間を共有できることに幸せを感じます。

これから絵本寄付をされる方へ

大切にしていた絵本を手放すのは、少し忍びない気持ちもあるかもしれませんが、もし、本棚に眠っている絵本があったら、新しい読者の元へ渡ることで、手に渡った人の新たな本の出会い、絵本を通した豊かな時間をプレゼントしてあげられるかもしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました