贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【京都市内の公立の保育所】絵本寄付の口コミ体験談

【京都市内の公立の保育所に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

おばちゃんさんの絵本寄付体験談をご紹介します

子どもが大きくなり、小さい頃に買って読んでいた絵本がたくさんあったので、捨てることには抵抗があったからです。
息子や娘が独立して巣立って行ったので荷物を整理をしました。
子供らのおもちゃやぬいぐるみと一緒に沢山の絵本が出て来ました。
綺麗な状態なので、幼稚園保育所で読んでいただけるならと思いました。
子供らがお世話になった保育所に問い合わせたところ、持って来て下さいと返事があったので寄付することにしました。

なぜ【京都市内の公立の保育所】に絵本を譲ることにしましたか?

その保育所は、かつて私の息子と娘が通っていた保育所だったからです。
当時の先生方はもう在職されてはいませんが、建物は当時のままなので、保育所の前を通るたびに懐かしく思っていました。
絵本は結構高いものなので、お古でも役立つならうれしく思いました。

【京都市内の公立の保育所】絵本寄付の受入状況

おもちゃやぬいぐるみの寄付は断られましたが、絵本の寄付は受け入れてもらえました。

近所にある保育所なので自分で持ち込みました。

絵本は子供が手に取って読むものなので、状態が良いものだけを選んで持って行きました。

本や寄付に対する【想い・思い出】

絵本を見ると、子どもらが小さい頃に読み聞かせたり、また、本人たちがページをめくって読んでいる姿を思い出します。

子育てに忙しくしていた当時の自分に「頑張ってたね。」と言ってあげたくなりました。

私自身は子こどもの成長と共に絵本に触れる機会はなくなりました。

しかし、子どもらが親になり、かつて自分が読んでいた絵本を手に取る日がきっとあると思います。

その時に、また絵本とのができて繋がっていくような気がします。

これから絵本寄付をされる方へ

本を捨てることには抵抗があると思います。

それなら、活用できる場所があるなら、引き受けてもらえるところがあるなら寄付することは、大変良いことだと思います。

思い出が詰まった絵本だからこそ、もう一度子供らに読んでもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました