贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【仙台市内の私立幼稚園】絵本寄付の口コミ体験談

【仙台市内の私立幼稚園に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

SHUさんの絵本寄付体験談をご紹介します

子供が大きくなって他の本やマンガを読むようになり、本棚のスペースがなくなってしまったので読まなくなってしまった絵本が本棚にただ置いてあるのはもったいないと思っていた中、引越しすることになったので不要なものを整理するついでに絵本も整理しようと思ったため。
ただ、元々自分自身本が好きということもありましたが、絵本自体自分が幼い頃に読んだ思い出があって子供にも読ませたいという気持ちで買い与えていたり、子供の誕生日や旅行のついでに記念にと買った本などもあったので、本を単純に処分するということはしたくなくて誰かにまた読み継いでもらえたらと考えたので寄付することにしました。

なぜ【仙台市内の私立幼稚園】に絵本を譲ることにしましたか?

子供が通っていてお世話になった幼稚園だったので、その幼稚園の先生方なら思い入れのある絵本を大切に扱って頂けるだろうと思ったのと、事前に本を寄付したい旨問い合わせて幼稚園の本を置くスペースに空きがあることも分かっていため。

【仙台市内の私立幼稚園】絵本寄付の受入状況

私達が寄付させて頂いた時は喜んでいただけましたが、絵本の寄付を今でも継続しているかどうかはわかりません。

絵本以外は持っていくことも考えつきませんでした。

また、直接持って行ったので送料はかかりませんでした。

本や寄付に対する【想い・思い出】

まついのりこさんの「とけいのほん」やせなけいこさんの「ねないこだれだ」「いやだいやだ」など、自分が幼稚園の頃に親や幼稚園の先生に読んでもらって、内容だけでなく表紙の絵も鮮明に覚えている絵本がありましたので、自分の子供にも自分の読み聞きした本を読んであげたい、同じように記憶に残ってもらえたら…と選んで買い与えていました。

寄付する前に、本とのお別れをするように、子供と一冊一冊読み直して小さかった頃の寝る前の読み聞かせを思い出しました。

これから絵本寄付をされる方へ

幼かった子供との思い入れのある本とのお別れはちょっと寂しいですが、新しい持ち主・読み手を見つけることで、その方達の大切な思い出になると思うと自分達も嬉しくなります。

小さな子供の扱うものですが、出来るだけ汚れや日焼けなどに気をつけておくと、もらってくださる方も喜ぶと思います。

タイトルとURLをコピーしました