贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【光市の図書館】絵本寄付の口コミ体験談

【光市の図書館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

にこさんの絵本寄付体験談をご紹介します

自分が小学校の時に集めていたやまびこ文庫なんですが、卒業すると同時に図書館に寄付させていただきました。
その理由は私自身がその当時は本を読むのが好きで、集めていたこともあり被ってしまった本もあったことと、ずっと持っとくのもよしだとは思ったのですが、大人になった時に読むかと言われたら読まないだろうなと思ったのとボロボロになって捨てるだけになってしまうという母の言葉に納得したことがきっかけで寄付しようと思いました。

なぜ【光市の図書館】に絵本を譲ることにしましたか?

私自身が本を借りたりするのにそこの図書館に行かさせていただいてたのもありますし、友達や母と放課後寄ったりするのに本を読むだけの場所ではなく交流の場所で小さな図書館というのもあり思い出の場所だったからです。

【光市の図書館】絵本寄付の受入状況

そこはたくさんの卒業生からの寄付を受け入れてくださっており、どんどん同じ本でもだいたい持ってるものは被ったりしてるので新しく入れ替えてもらえたりしていたような気がします。

基本的には直接持って行って、手渡しでした。

本や寄付に対する【想い・思い出】

寄付させてもらった絵本、本は低学年の時に一回、二回読んで以来全く読まずの状態だったので、寄付する前日ぐらいにさーっと読んでると久しぶりに楽しくて読み入ってしまいました。

その時は寄付するのかをすごく悩んで捨てたとしてもこのまま持っとく方がいいのかなーって思ったんですが、図書館に持って行ったときにおばちゃんにありがとー小さい子が喜ぶって言ってもらえたときに、

あっ!良かったのかなって思えたのを覚えています。

これから絵本寄付をされる方へ

自分の絵本とかって自分のものって思ってしまいますが、寄付することで古くなった本はそこで捨てられるというよりはまたそこから新しい家族の手元で最後まで使いふるされていくある意味リサイクルになってるのではないかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました