贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【北九州市立図書館】絵本寄付の口コミ体験談

【北九州市立図書館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

はなさんの絵本寄付体験談をご紹介します

子どもが生まれた時に、自分が昔読んでいたもの、配偶者が昔読んでいたもの、親戚の子どもが以前読んでいたものなど、たくさん本をいただきました。
その中には、同じ本、内容がかぶっている絵本もかなりの冊数があってそのままにしていました。
そして、自分が子どもたちに買い与えた本も多数ありましたが、子どもも成長すると読まなくなった絵本も出てきました。
捨てるのももったいないし、おさがりをする親戚もいないので寄付することにしました。

なぜ【北九州市立図書館】に絵本を譲ることにしましたか?

子どもたちが大きくなったことと、引っ越しで家の中の物を思い切って断捨離をすることになったので、良いタイミングだと思い寄付をすることにした。
もともと地元が北九州で、問い合わせてみたら受け入れ可能ということだったので、譲ることにした。

【北九州市立図書館】絵本寄付の受入状況

絵本の寄付は歓迎された。

ほかの物は譲っていないし、特にあれはないか等聞かれてもいないのでよくわからない。

直接段ボールを持ち込んだので、送料はかかっていないが、普通は送料は寄付する側が負担するものだと思います。

本や寄付に対する【想い・思い出】

自分自身も親戚や知り合いからおさがりで絵本を譲ってもらって、テレビを見ない家庭で、インドアな子どもだったので、いつも絵本を読んでいました。

ただ、なかなか新しい絵本を買ってもらうことはないので、いつも同じ本を繰り返し読んでいました。

ごく稀に新しい絵本を自分のために買ってもらえた時はとてもうれしかったです。

お気に入りの絵本は、今も絵や話を隅々まで覚えています。

外国の話は、翻訳者によって印象が全然ちがうことを、大人になって知りました。

これから絵本寄付をされる方へ

絵本であれば、ほとんどの図書館で寄付を受け付けていると思いますが、大々的に公表をしているところは少ないので、直接問い合わせてみた方が良いです。

絵本は子どもが読むものなので、どうしても損傷するのも早いため、定番と呼ばれる絵本は特に喜ばれるはずです。

タイトルとURLをコピーしました