贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【北区の私立幼稚園】本・絵本寄付の口コミ体験談

【北区の私立幼稚園に、古本・絵本を寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、本・絵本を寄付しようと思いましたか?

kkさんの本・絵本寄付体験談をご紹介します

 

自宅で子供が読まなくなった本が役に立てばと思ったので、こどもの進学と引っ越しの機会に寄付しようと思いました。

 

寄付することで園のこどもたちが新しいジャンルの本に出会ってくれたらという気持ちがありました。

 

寄付すること自体は近所の図書館に通っており、リサイクル本の存在を知り、エコという面からも常々考えておりました。

 

家にあっても本棚にしまわれてホコリを被ってしまうより、誰かに楽しんでもらえれば嬉しいと思いました。

 

なぜ【北区の私立幼稚園】に本・絵本を譲ることにしましたか?

元々親戚や知人にたくさんの絵本や図鑑をいただくことが多く、我が家にはいろんな種類の本がありました。

 

子供の進学と引っ越しを機にお世話になった幼稚園に譲ろうと思い立ちました。

 

特に印象に残っている本は、『はらぺこあおむし』の点字絵本です。

 

視覚障害のある方向けの、大きめの絵本で、通常版よりも手触りが分かりやすい質感の表紙と仕掛けがしてありました。

 

視覚障害のある方でも楽しんで読んでいただけるのではないかと思い寄付しました。

 

【北区の私立幼稚園】古本・絵本など寄付の受入状況

視覚障害のある子向けの本や、布えほんは園のストックが少なかったため喜ばれました。

 

ちょうど弱視の子が入園したタイミングだったこともあり、重宝したようです。

 

その他の本も、普通に受け取ってもらえました。

今寄付を募集しているかは不明です。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

自分自身、子供の頃から本が家にたくさんあり、いつでも読める環境でした。

 

今でも本が好きで、たまたまですが、図書館の近くに住んでおり、よく通っています。

 

こどもにもたくさんの本に出会ってほしいという思いは持っています。

 

今は昔よりもジャンルが多く、絵柄も親しみやすいものが多くあるので、自分の子はいつも図書館で何十冊も選ぶ時間がとても好きです。

 

家で誰も読まなくなった本でも、寄付という形で特にこどもたちに楽しんでもらえれば嬉しいです。

 

これから本・絵本を寄付をされる方へ

小さいこどもは本を読むことが大好きな子が多いのに、成長するにつれいつの間にか本から離れ、ゲームやスマホに時間を取られてしまいます。

 

小さい頃から色々なジャンルの本に触れることは読書の習慣をつけることに繋がると思うので、ぜひ読まなくなった本をこどものいる施設に寄付してほしいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました