贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【地元の保育園・図書館】に、絵本寄付した際の口コミ体験談

【地元の保育園・図書館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

yukariさんの絵本寄付体験談をご紹介します

私は昔から絵本が大好きで、大人になった今でも大好きで図書館に行けば絵本コーナーをあさるような人です。
絵本が好きすぎて図書館司書資格も取ったほどですので。
そんな私は色々な人にもっと絵本の魅力を伝えたいと思って、自分の家にある絵本を数多くの人に知ってもらいたいと思って色々なところに寄付をして読んでもらいたいと思い寄付をしました。
寄附をしようと思ったのは家に置いておけなくなったからというのも理由です。

なぜ【地元の保育園・図書館】に絵本を譲ることにしましたか?

近くにあったからです。
きっかけは私の家から数十メートルも行かないところに図書館があったという事と、保育園があったという事があげられます。
タイミングは私が実家から家を出るときです。
もう住まないのだから実家をきれいにしようという思いからです。

【地元の保育園・図書館】絵本寄付の受入状況

歓迎されたと思います。

その理由は図書館の方や保育園の方はいい顔をしていたからです。

もらって困るという顔をしていませんでしたのできっとよかったのだと思います。

図書館や保育園は沢山絵本があっていいところだと思うので。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

絵本や寄付に対する私の思いや思い出は、私自身が絵本で成長した人物なので少しでも今悩んでいたり困っている人がいるのであれば絵本の世界を味わってもらいたいなと思っています。

私は、実は本当は「自分の家を図書館にしたい」という位絵本がありました。

絵本の展覧会を開きたいな、本当は家に置いておきたいなという気持ちもありました。

でも、絵本自体は私の家に置いておくよりも公共の読まれるところに置いておいた方が嬉しいと思ったので寄付をしました。

絵本もたくさんの人に読まれて嬉しいと思います。

 

これから絵本寄付をされる方へ

これから絵本を寄付されるのであれば、ぜひご近所の公共の施設に寄付をされてください。

誰からいただきましたという事は書かれることもありますがそれでも読まれるという事はとても嬉しいことだと思います。

持っていても、もったいないというのであれば一番近くの公共施設が一番受け入れ態勢が整っていると思います。

タイトルとURLをコピーしました