贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【堺市南区図書館】絵本寄付の口コミ体験談

【堺市南区図書館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

リボンさんの絵本寄付体験談をご紹介します

子供が成長したので、赤ちゃんの頃に読んでいた絵本はあまり読まなくなりました。
しばらく自宅に置いていましたが絵本や教材などが増えてきたという事もあり、市の図書館に寄付しました。
図書館に行った時にたまに寄付された絵本を見かけていましたし、もしこの絵本が他の誰かに読んでもらえたらいいなという気持ちもありました。
図書館の方は快く受けとってくださり嬉しかったです。
その際、自宅にあったお店でもらった袋も持って行きました。
本を持って帰る時にたまに手持ちの袋では足りないとか忘れた人用に袋が置いてあったからです。

なぜ【堺市南区図書館】に絵本を譲ることにしましたか?

子供時代の絵本は思い入れがあって、捨てるのは悲しかったからです。
人に譲ればいいのかもしれませんがママ友もあまりいなかった事と、受け取って迷惑である場合もあります。
図書館であれば読みたい人が読んでくれるだろうと思いました。
また、その図書館が好きだからです。

【堺市南区図書館】絵本寄付の受入状況

多分喜んで頂けたと思います。

事前にカウンターで「今度持ってきていいですか」と確認してから持っていきました。

一緒に新品のかるたがあったので持って行ってみました。

子供の集まる会がたまに行われているようで、その時に使いますと言われました。

本や寄付に対する【想い・思い出】

自分が小さい時に読んでいた絵本が今でも売っていたり、よそでみかけると懐かしくて嬉しくなります。

初めて我が子に与えた絵本は自分が好きだった絵本でした。

何年か前の誕生日に買った絵本からその時に自分が子供に向けて書いたメッセージが出てくるとその頃の事を思い出します。

本というのは大人にとっても子供にとっても、直接ここにいない人から色々と学ぶことができます。

自分の知らない事を教えてくれる宝物だと思うので、自分も本を読みます。

幼い頃友達ができない引っ込み思案な性格でした。

絵本をいつも一人で読んで楽しんでいたのを思い出します。

これから絵本寄付をされる方へ

捨ててしまうよりリサイクルするか、施設へ寄付するとその絵本のその後の人生をなんとなくたまに思い出して(どこかで誰かが読んでくれてるかな)と思います。

寄付する時はあまりに酷い汚れがあったりすると受け取る側も困ると思いますので中身をチェックしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました