贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【大東市の私立幼稚園】本・絵本寄付の口コミ体験談

【大東市の私立幼稚園に、古本・絵本を寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、本・絵本を寄付しようと思いましたか?

manaさんの本・絵本寄付体験談をご紹介します

下の子が卒園する時、上の子にも、よく読んでいた絵本を10冊ほど寄付しました。

小さい子ども向けの絵本で、2人とも、もう読まなくなったので。

ノンタンのシリーズものねずみくんのチョッキなどの小さい絵本です。

特に、ねずみくんの方は、よく読んでいてお気に入りでしたが、近所の子も、同じ幼稚園に通っていて、その子にも読んでもらおうねという感じで寄付することになりました。

本を持っていった時は、少し寂しそうでしたが、園長先生にお礼を言っていただいて嬉しそうにしていました。

 

なぜ【大東市の私立幼稚園】に本・絵本を譲ることにしましたか?

どれも、好きな絵本だったし、思い出に置いておいても良かったのですが、小学校にあがると勉強の本も、どんどん増えるし、他の持ち物も増えることが予想されたので寄付することにしました。

あと、子供の興味の対象が、絵本よりテレビの戦隊ものに移行していったのも大きな原因です。

絵本を読まずに飾っているだけにするよりも、楽しく興味を持って読んでくれる小さいお子さんに譲った方が、絵本も役目を果たせて幸せかなと思いました。

 

【大東市の私立幼稚園】古本・絵本など寄付の受入状況

各教室の中にも絵本のコーナーがありましたが、幼稚園の中の一角にも、広げて読める絵本コーナーがあり、そちらに置いてもらえるようでした。

絵本コーナーに置いている絵本の数も、それほど多くなかったので、喜んでいただけたようです。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

下の子にも、上の子にも、何度も読んだ絵本です。

2人とも、字を読めないうちから読んでいましたが、日が経つにつれて暗記してしまったほどです。

一字一句、間違えずに暗唱したのには驚かされました。

子どもって、すごいなぁと感じます。

今は、小学生低学年ですが、たまに絵本を読んでやることもあります。

やはり、絵本が大好きで喜びます。

だんだん難しい内容のものも、わかるようになってきて成長してんだなあと。

絵本は、子どもの成長も実感できます。

 

これから本・絵本を寄付をされる方へ

読みなれた絵本は思い出がたくさん詰まっていますが、やっぱり、読まれてこその絵本かなと思います。

自分の子どもの成長を感じつつ、次の小さいお子さんに渡って??その反応を楽しく見つめるのも、感慨深いものがあります。

 

タイトルとURLをコピーしました