贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【大田区の公立児童館】に、絵本寄付した際の口コミ体験談

【大田区の公立児童館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

まきろんさんの絵本寄付体験談をご紹介します

以前に自分自身が読んでいて親がとっておいてくれた絵本、従兄弟からのおさがり、いただきもの、買ったものなど本が家の中に溢れかえっている状態でした。
さらに、徐々に子どもが大きくなるにつれ読まなくなっていく絵本もあり手放すことにしたのです。
手放すにしても、もともと本が好きで捨てるということができません。
そこで古本にいるか寄付などリサイクルできるところがないか探したのです。
いろいろ悩みましたが売っても二足三文、結局自分の知っているところで読んでもらえるなら、と寄付することにしました。

なぜ【大田区の公立児童館】に絵本を譲ることにしましたか?

家から近いこと、よく利用しており先生たちともよくお話しする機会がありました。
本の貸し出しもあったのでたまに本を借りだいぶ長いこと借りっぱなしになるなど迷惑もかけていたのでなにかできることはないか、という思いがありました。

【大田区の公立児童館】絵本寄付の受入状況

少なくとも受け取ってもらった時には有り難いといってもらいました。

たまにリユ-スのイベントもやっているので洋服なども寄付することがあります。

イベントのときに自分が欲しいものと交換します。近場なので自分で歩いて持って行きました

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

息子と相談してリサイクルにだす本を決めようと思いましたがどれも「いる」といわれてしまいなかなか決められませんでした。

仕方がないので結局子どもが寝ている間に選定し幼稚園に行っている間に持って行ってしまいました。

数あるうちのわずかでしたし、もう普段読まなくなっていた本なのであとからないことを指摘されたりなどはありませんでした。

小さい頃から幾度となく読んだ本で寄贈してしまったものもあり少し感慨深い思いで本を持って行ったのを覚えています。

 

これから絵本寄付をされる方へ

本を選定するときに、おもてを拭いて、中は比較的きれいな状態であるかを確認しました。

子どもに読み聞かせたいと思った自分の中での良本と思う本を中心に寄付しました。

家だともう読まれない本がほかの場所で誰かに読んでもらえるのならいくらでも協力したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました