贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【子育て支援センター】に絵本寄付した際の口コミ体験談

【子育て支援センターに、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

あずささんの絵本寄付体験談をご紹介します

もう子どもが絵本の適齢期を過ぎ、かつ興味のない絵本でそれまでもあまり読まず新しく状態が良かったから。
売っても良かったのだが、どうせなら日頃からお世話になっていて愛着のある支援センターの本棚に並べてもらえたら嬉しいと思ったし、リサイクルにもなるし、小さいことだが通っている場所に貢献できるのではないかと考えたから。
場所も近かったので、何冊か持っていくのもあまり手間にはならなかったのもひとつの理由だった。

なぜ【子育て支援センター】に絵本を譲ることにしましたか?

いつも通っていたところだったので、職員さんに声をかけやすかったのがまずひとつ。
また、歩いてすぐのところに支援センターがあったので、絵本を何冊か抱えてかつ子供連れでも持ち運びがしやすかったし、古い本が多かったから。

【子育て支援センター】絵本寄付の受入状況

積極的に利用者に寄付の声をかけてはいなかったものの、募集は受け付けており状態がいい本で今あるものと重ならないものなどは引き受けていた。

とりあえず全て寄付したが、本がたくさんある場合にはお断りもしているということだった。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

お気に入りで何回も読んだ本はどうしてもぼろぼろになり、それでもなお子どもが手放さないのでどちらにしても寄付することはできない状態にあった。

寄付したのはどちらかと言うと読んだ回数は少ないものであるが、絵本も買うと高いものだし、訪れた他の家族や子どもたちが興味を持ち読んでくれることがあればその本も使命を果たせるのではないかと思った。

また、愛着はある場所に家にあった本が並ぶというのも素敵なことだと感じた。

 

これから絵本寄付をされる方へ

基本かもしれないが、自分が手にとっても、子どもが手にとってもいいと思えるかというのは大事なところで破いたりいたずら書きしていたりというのは避けてほしい。

売ればいくらかにはなるかもしれないが、うちにあった本を誰かが開いているのを見るとあたたかい気持ちになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました