贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【岡山県東部の高校】に絵本寄付した際の口コミ体験談

【岡山県東部の高校に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

ペコさんの絵本寄付体験談をご紹介します

姪っ子が通っている高校の文化祭で、生徒たちが古本を持ち寄り、希望者に譲るという行事がありました。
我が家には、もう子供が読まなくなった絵本がたくさんあり、処分するのももったいなくて、以前からどうしようかと思っていたので、丁度よい機会だと思い寄付しました。
姪っ子に後から聞いた話では、譲渡した絵本はほぼ全て新しい持ち主の方に渡ったと聞き、少しでもお役にたてた気がしてとても嬉しく、寄付して良かったなと思いました。

なぜ【岡山県東部の高校】に絵本を譲ることにしましたか?

我が家の押入れにしまい込んでいた絵本は、それぞれに思い出深いものだったので捨てるにはしのびなく、高校の文化祭を見学に来た小さなお子さん連れのご家族が持って帰って下さるなら、絵本も喜ぶだろうと思い寄付しました。

【岡山県東部の高校】絵本寄付の受入状況

高校の文化祭には近所の方や生徒の保護者、親戚など一般見学者が数多く訪れ、寄付した絵本は一日の終わりには、ほぼ全て色んな方の手に渡ったと聞いています。お子さんたちが喜んで持って帰ってくれたとのことで、こちらも嬉しいです。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

子供達の情操教育には絵本が欠かせません。

現在はスマホに子守をさせるような状況ですが、やはり家族が子供の表情や反応を見ながら絵本を読んでやることが大切だと思います。

スマホでは情報が一方的に一定の速度で流れるだけですが、家族が子供に絵本を読んであげることで、子供の質問に答えたり、感想を話し合ったり、子供の気持ちや感情を知ることができます。

子供もまた、一緒に並んで本を読むことで家族の温かさを感じことができます。

 

これから絵本寄付をされる方へ

ご自宅で不要となった本がありましたら、押入れに眠らせておくよりも寄付をおすすめします。

断捨離にもなりますが、その本を必要としている方が必ずおられ、本も喜んで読んでもらえることで冥利につきることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました