贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【岩手県宮古市認定子供園 いずみ幼稚園】に、絵本寄付した際の口コミ体験談

【岩手県宮古市認定子供園 いずみ幼稚園に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

まめしばさんの絵本寄付体験談をご紹介します

平成28年、2016年の台風10号で地元の幼稚園が浸水しました。
幼稚園の子供達が使用していた玩具、本などが泥水ですべて駄目になったというのを聞きました。
社宅で以前その幼稚園で働いていた方がいて、声を掛け合い玩具や本を寄付することにしました。
私の家でも息子が本が好きで、本が沢山あったこともあり息子が小さいときに読んだ本を寄付させていただきました!
本の値段の安い高いではなく、作ってくれた方や、絵本を描いてくれた方、大切にしてきた息子の気持ちを考えると捨てれなかったので機会がありありがたかったです。
そして、感謝の手紙を頂きとても嬉しかったです。

なぜ【岩手県宮古市認定子供園 いずみ幼稚園】に絵本を譲ることにしましたか?

災害があり、以前働いていた幼稚園で子供達の大切な玩具や本が使えなくなったと、社宅の人から聞きました。
子供をもつ親として、災害では誰も責めることはできませんが子供達のかなしい気持ちを考えるとできることは協力したいと思いました。

【岩手県宮古市認定子供園 いずみ幼稚園】絵本寄付の受入状況

寄付を募集してるかはわかりません。

本や玩具は喜んでくれたと聞いています。

また、お礼の手紙も頂きました!

送料については、社宅の幼稚園で働いていた方が出しますと言って下さいましたので、出していただきました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

大人になってから絵本を読むことが少なく、絵本の楽しさを忘れていました。

結婚し、子供が生まれ一緒に本を読むようになりました。

毎日図書館や図書室に通い、小学2年生までに6000冊の絵本を読みました。

子供は本が好きで、知識がある子になりました。

私も小さいときに読んだ本を思いだし、これがすきだったな、この人の本好きだったな、こんな内容だったんだなと子供のころをおもいだし、絵本はとても大切なものだと思いました。

 

これから絵本寄付をされる方へ

もらえば嬉しいというだけのものではないと思います。

中には読めないような本を送ってきたり、ボロボロのものもあったり、募集してないのに困ることもあると、施設の方がいっていたので、募集してるのかどうか、どのような本が必要とされているのかを確認するとよいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました