贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【川崎市中原区の無認可保育園】本・絵本寄付の口コミ体験談

【川崎市中原区の無認可保育園に、古本・絵本を寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、本・絵本を寄付しようと思いましたか?

neconecosさんの本・絵本寄付体験談をご紹介します

 

知り合いが保育園を設立するということで、娘たちが昔読んでいて今はもう読まなくなった絵本や図鑑を寄付しました。

 

子供達が絵本が大好きでたくさんあるのですが、大きくなって読まなくなり、そろそろ整理しようと思っていたタイミングと、思い出のある本は捨てるのは嫌だなと思っていたので、保育園で子供達に読んでもらって喜んでもらえるなら嬉しいなと思って寄付することにしました。

 

絵本の処分には前々から悩んでいたので、有意義な寄付という形が取れて本当に良かったです。

 

なぜ【川崎市中原区の無認可保育園】に本・絵本を譲ることにしましたか?

子供達が大きくなり、絵本を読まなくなってきて、たくさんある絵本を整理したいなと思っていたところに、知人が保育園を設立するという話を聞きました。

 

絵本や図鑑は必要かどうか確認すると、喜んで!

ということだったので、自宅にある絵本の中から、保育園児向けの内容のものを選んで寄付させてもらいました。

 

子供達と一緒にどの絵本がいいかなと選んで、その絵本について懐かしく思い出したり、そんな時間もとても良い時間で、寄付させてもらうことでまた絵本と私たちの思い出ができ良かったです。

 

「うずらちゃんのかくれんぼ」「うさぎちゃんシリーズ」などが特に子供達が大好きで何度も読んだ本だったので、また保育園で読んでもらえると嬉しいです。

 

【川崎市中原区の無認可保育園】古本・絵本など寄付の受入状況

寄付は喜んでいましたが、あまり量が多くても困る様子はありました。

 

今は受け付けていません。

 

他におもちゃなども少し寄付しましたが、おもちゃは安全性などが関わってくるので勝手には寄付できないものだと感じました。

持ち運べる距離にあったので、自分で持参して寄付しました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

小さい頃から絵本を子供達に読み聞かせをしてきました。

 

今は小学校の読み聞かせボランティアをしています。

 

絵本は、よく意味が分からなくても絵や読んでいる声の調子などでそれぞれ感じ取れるものがあると思います。

 

その時その時に感じることが大事で、静かに子供達の心の中に残るメッセージを送っているものだと思います。

 

自分が子供の頃に読んだ絵本を、また子供達に読み聞かせると、大人になって新たに感じたり分かる部分が多く、本当に奥深いなと思ってます。

 

子供から大人まで、素敵なメッセージをもらえる絵本が大好きです。

 

これから本・絵本を寄付をされる方へ

子供達との思い出をまた次の子供達や新しい場所に引き継げるので、寄付することで、絵本のバトンを繋げられると思っています。

 

寄付することで、また絵本を見直して、読み返してみたり、新たな思い出もできたので、とても良い経験をさせてもらえたと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました