贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【平塚市の公立保育園・小児科】本・絵本寄付の口コミ体験談

【平塚市の公立保育園・小児科に、古本・絵本を寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、本・絵本を寄付しようと思いましたか?

mintsさんの本・絵本寄付体験談をご紹介します

子どもが大きくなり、絵本などを読まなくなりましたが、思い入れのある絵本が多く、捨てられないでいました。

読みやすいようにカバーを取り外しており、表紙がきれいなものが多かったので、買い取ってもらおうかとインターネットで買い取り業者を探したりしました。

ブックオフなどの買い取り専門店に持っていくのも、たいしたお金にはならないので、どうしようかと思っていると、知り合いの方が、保育園や小児科のある病院に寄付をしたことがあると話していたのを聞いて、思い切って、寄付をすることに決めました。

 

なぜ【平塚市の公立保育園・小児科】に本・絵本を譲ることにしましたか?

絵本が多く、子供向けの本だと思ったので、お子さんがたくさんいて、以前に遊びに行ったことがある近所の保育園と、自分の子ども達がお世話になっている小児科に寄付しようと決めました。

「しろくまちゃんのホットケーキ」「わたしのワンピース」「ねないこだれだ」「おばけのてんぷら」「からすのパンやさん」など昔からある名作絵本が中心だったので、喜んでもらえるか心配でしたが、知り合いに聞いたところ、絵本はたくさんの子ども達が読むと傷んでくることも多いので、ぜひ寄付してはどうかと勧められたので、思い切って寄付しました。

 

【平塚市の公立保育園・小児科】古本・絵本など寄付の受入状況

絵本の寄付は歓迎されました。

やはり、読んでいくごとに本は傷んでくるので、いつでも、新しい本やきれいな本はありがたいと言われました。

小児科でも、ずっと同じ絵本ばかりだったので、うれしいとおっしゃっていただけました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

本を読むことが昔から好きなので、家族にももっと本を読んでもらいたいと思いますが、インターネットの発達で、タブレットやスマートフォンを使う時間が長くなっていることが今の現状です。

なので、小学校や中学校、などの教育機関でも、意識的に読書の時間を設けてほしいです。

世の中にはたくさんのまだ読んだことのない本があり、そこにお話しがあると思うと、一つでもたくさんの本を読むことで、知識や人の気持ちの機敏を知るきっかけになるといいなと思います。

 

これから本・絵本を寄付をされる方へ

絵本は思ったより汚れているので、マイクロファイバーのタオルなどでざっとからぶき、または重曹スプレーで水拭きしてあげると、汚れが取れます。

小さいお子さんがいる施設ではどこでも喜ばれますし、小学校でも寄付を募っている場合があるので、聞いてみてほしいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました