贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【平塚市内の保育園】本・絵本寄付の口コミ体験談

【平塚市内の保育園に、古本・絵本を寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、本・絵本を寄付しようと思いましたか?

minさんの本・絵本寄付体験談をご紹介します

 

絵本を選ぶ際には、どんな絵本が昔から読まれているか、自分が好きだった絵本は何だったか、など、いろいろ吟味していました。

絵柄が気に入ったもの、内容が素晴らしいもの、読み聞かせようのものなど、どれも子どもが喜び、何度も読んであげた絵本ですが、成長するにしたがい、手に取らないことが増えてきたので、近くの保育園へ、まとめて寄付しました。

保育園の本の数は、通っている子どもに対して、数が足りないことが多いと聞いたからです。

 

なぜ【平塚市内の保育園】に本・絵本を譲ることにしましたか?

ボランティアをしていて、保育園や幼稚園の絵本は、子どもの数に対して、絵本の数が足りないと聞いていたので、近くの保育園へ寄付しました。

しろくまちゃんのホットケーキ、わたしのワンピース、はけたよはけたよ、おててがでたよ、ねないこだれだ、おばけのてんぷら、もこもこもこ、こんとあき、はじめてのおつかい、バムとケロのにちようび、バムとケロのそらのたび、バムとケロのおかいもの、ハエくん、だるまちゃんとてんぐちゃん、からすのパンやさん、どろぼうがっこう、などです。

 

【平塚市内の保育園】古本・絵本など寄付の受入状況

絵本はすぐに汚れたり痛んだりするので、キレイな絵本は喜んで受け取ってもらえました。

 

ただ、汚れや痛みがひどい本、対象年齢に合っていない絵本などは、歓迎されないかもしれません。

 

市内の保育園や公民館で、絵本のリサイクルをしているので、安心して寄付しました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

絵本からはじまり、本を読み、心の領域を広げることは、例え狭い場所にいても、自分の世界を広げることだと思います。

 

子どもたちにも、いろいろな絵本を読んで、さまざまな言葉の使い方気持ちの動く様子を勉強してほしいです。

 

本を大事にすることで、思いやりの気持ちも育ちますし、本がきっかけで興味を持ったことが、人生を変えるかもしれません。

 

好きな本は何度も読み返して、自分のおかれた状況、年齢によっても、感じ方が違うことを味わいたいです。

 

これから本・絵本を寄付をされる方へ

寄付する絵本は、汚れや破損がないものにしてください。

また、一度、アルコールスプレーや、重曹スプレーなどを吹き付けた布で、表紙や裏表紙、背表紙を拭いて、汚れを拭きとってください。

誰かが読んでくれると嬉しいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました