贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【広島県の私立幼稚園】に絵本寄付した際の口コミ体験談

【広島県の私立幼稚園に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

ちゃんころさんの絵本寄付体験談をご紹介します

周りに本好きな方が多いので、子どもが生まれてからというもの、たくさんの絵本を頂く機会に恵まれてきました。
もちろん、どれも大切な本なので本当は手放したくはないのですが、なにぶん、保管するにも限りがあります。
それに中には知育的なものなど、ぴったりの年齢が限られ、この本はさすがに卒業だなというもあります。
そのような本は周りの友達に貸したりしていたのですが、多くの人が使ってくれる場所に置いてもらえたら、ずっと読み続けてもらえるのではないかと思い、寄付することにしました。

なぜ【広島県の私立幼稚園】に絵本を譲ることにしましたか?

知り合いの方々に贈ってもらい、大切に子どもが読んだ本をどこかに寄付しようと思ったときに、一番に浮かんだのはいつもお世話になっている、子どもが通う幼稚園でした。
そこにはこれまでも、先輩たちから譲られてきた本が読み続けられているし、壊れても直しながら大事にされているのを知っていたので、ぜひここにと思いました。

【広島県の私立幼稚園】絵本寄付の受入状況

私の方でも単に要らなくなった本ではなく、本の内容やもともとそこの図書室にはない本を、あまりたくさんではなく持参しました。

普段通っている幼稚園だからこそできたことだとは思いますが、喜んで引き受けて頂けたと思っています。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

私たち家族の周りには幸いなことに、本好きな方がたくさんいる環境で、子が生まれると、出産祝いから今日に至るまでたくさんの本を頂いてきました。

なので、生まれてすぐから毎日毎日読み聞かせをしていて、私たちには絵本はかけがえのない大切なものです。

子も本が大好きですし、どの本もとても大切に読んでいます。

なので、なかなか手放すのも難しいのですが、子が通う幼稚園では、同じようにとても大切に絵本を受け継いでいかれているのを知っているので、ここならと思い寄付することにしました。

いつまでも読み続けてもらえると思うと、とても嬉しいです。

 

これから絵本寄付をされる方へ

けして要らないものを処分するような感覚ではなく、自分が大切にしていたものを、大切にしてもらえる方にお譲りするのが寄付だと思います。

寄付する先のことをイメージして、そこで読み続けてもらえるようなものを寄付すれば、必ず喜んでもらえると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました