贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【新潟県胎内市の市立乳児園・子ども園】絵本寄付の口コミ体験談

【新潟県胎内市の市立乳児園(現在は子ども園)に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

KKさんの絵本寄付体験談をご紹介します

子どもの成長に伴い、未満児向けの絵本など、対象年齢が合わなくなってきたため有効活用してもらえるように寄付をいたしました。
ただ古本屋に売るのではなく、子どもたちの成長のために絵本の重要性や読み聞かせの必要性が一番分かっている保育施設だからこそ活用してくれると考えました。
実際にその園では絵本を読み聞かせてくれる時間をたっぷりと確保していただき、家庭での読み聞かせにも力をいれてくださっていたと感じています。

なぜ【新潟県胎内市の市立乳児園(現在は子ども園)】に絵本を譲ることにしましたか?

子どもがお世話になっていた乳児園で、卒園をする際にお礼の気持ちを込めて園に寄付をしました。
卒園式で寄付の意向を乳児園に伝え、許可をいただいたのちに後日改めて園へ持参しました。
わが子が育った園で次の子どもたちに活用してもらえることを願いました。

【新潟県胎内市の市立乳児園(現在は子ども園)】絵本寄付の受入状況

本心は分かりませんが、卒園し今後別の園(その園は当時乳児園で未満児のみが対象でしたので、以上児になるにあたり転園が必要でした)に移ることもあり、嫌な顔をされることもなく受け取っていただけました。

園長先生からは「大事に使わせてもらいますね」と言って頂けました。

現在も募集されているかは不明です。

寄付は直接園へ持参いたしました。

本や寄付に対する【想い・思い出】

子どもの成長に合わせ、適切な内容の絵本があると感じています。

もちろん、昔幼いころに読んだ絵本を改めて見返すことも大切で思い出としてはいいことではあるとおもいます。

ただ、保管スペースも限られるため、すべてをとっておくわけにもいきません。

絵本は繰り返し読むこと(特に読み聞かせ)がすごく重要で成長に欠かせない要素だと考えております。

その大切な、貴重な絵本を無駄にせず、大事に使ってもらえるところに行ってほしいと思っています。

これから絵本寄付をされる方へ

寄付を考えられているということは売ってお金に変えようという思いではなく、有効的に・大切に使ってほしいという思いがあるからだと思います。

絵本を読んで成長した子どもたち、またその絵本で次の子どもたちの成長に繋がる貴重なリレーだと思います。

タイトルとURLをコピーしました