贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【日本航空JAL】に絵本寄付した際の口コミ体験談

【日本航空株式会社(JAL)に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

かもミールままさんの絵本寄付体験談をご紹介します

絵本は好きでたくさん持っていたのですが、子供が大きくなり、本当に大切な数冊だけを残して、処分することにしました。
古本屋さんやメルカリで販売することも考えましたが、そんなにきれいな本でもないし古いし、利益にはなりづらいかなと考えました。
どうせなら誰かに役に立つような方法で貰ってほしいなと考えて、受け入れてもらうえる場所を探しました。
近所の児童館やバザーに寄付しようかとも考えていましたが、自分の経験でご縁があるなと思う寄付先が見つかったのでそちらに決めました。

なぜ【日本航空株式会社】に絵本を譲ることにしましたか?

飛行機に幼児と乗ることになった際、充分な準備が出来ず、フライト中に子供が飽きてしまって困った経験がありました。
その際おみやげ物おもちゃをもらってそれで遊んだりもしたのですが、客室乗務員の方に絵本を貸していただけた事が大変印象に残りました。
ちょっと当時の子供よりは大きい子向けの本で、あまり使えなかったのですが、それでもサービスがあることに驚いて、子供に向けた絵本のサービスは素敵なことだなと思いました。
絵本は航空会社がサービスのために購入しているものだと思っていたのですが、不要絵本を寄付できると聞いてあの時助かった経験を他の方にもシェアできるかもと寄付を決めました。

【日本航空株式会社】絵本寄付の受入状況

寄付を募集していたので、歓迎されたと思います。

飛行機は毎日たくさん飛んでいて、一便毎に数冊の絵本を搭載するのに数千冊必要だと聞いたのであればあるだけ助かると言われてました。

宅配便で、着払いで発送しました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

自分が助かったように、他のママの助けになりたいと思い寄付しました。

誰かの助けになりたいとか、困った人を助けようとか、そういう考えを子供も理解してくれて寄付をすることにしたのはとても良かったと思ってます。

子供にとっては持っててもいいけど、まあ不要といった程度の絵本たちでしたが、飛行機で絵本を貸してもらった思い出を他の子も味わえるんだという意義を感じてもらえました。

この経験が家族にとって、寄付やボランティア活動へのハードルを下げました。

 

これから絵本寄付をされる方へ

自分たちの絵本が飛行機の中、空の上で役立ってるのかなと思うと楽しい気持ちです。

近所の児童館や他の施設だとしても、そんな風に想いを馳せられるのは素敵なことだと思います。

子供も理解してくれて他の誰かに読んでもらいたいなと思ってくれるなら、寄付を選んでもいいのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました