贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【杉並区の児童館】絵本寄付の口コミ体験談

【杉並区の児童館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

きなこさんの絵本寄付体験談をご紹介します

児童館で非常勤として働いていたのがきっかけです。
午前中は乳幼児向けのプログラムがあり、お集まりのときに絵本を読むことがあリます。
そのときに、いつも同じような絵本になってしまったので、実家に眠っている絵本を持ってこようと思いました。
季節に合わせた絵本を読むと、乳幼児さんだけでなく一緒にきている保護者の方も楽しめると思いました。
私が小さかった頃読んでもらった絵本で、思い出もあったのですが、眠っているよりも読んでもらったほうが絵本も嬉しいかなと思い、寄付しようと思いました。

なぜ【杉並区の児童館】に絵本を譲ることにしましたか?

実際に働いていて、もっと色々な絵本を読んであげたいなと思ったのがきっかけです。
児童館の絵本は貸出もしているので、気に入った方は借りて帰ることもできるのが魅力的。
古くなっていたけど大事にしていた絵本。
いろんな場所でたくさんの人が読んでくれたら嬉しいなと思い寄付しました。

【杉並区の児童館】絵本寄付の受入状況

もともと絵本はたくさんありましたが、児童館にない絵本を持って行ったので喜んでもらえました。

今は募集しているかわかりませんが、寄付するときはあらかじめ施設に聞いてからの方がいいと思います。

絵本以外には、スーパーなどの裏紙(お絵かきに使います)や、新聞紙(工作に使います)などの紙類が喜ばれました。

本や寄付に対する【想い・思い出】

小さい頃、母に絵本をたくさん読んでもらった記憶があります。

幸せな思い出です。

おかげさまで、いまでも本を読むことが大好きなわたし。

母には感謝しています。

現在、子どもが生まれ、私も母がしてくれたように絵本を読む時間を大事にしています。

子どもも絵本が大好きで、膝の上に座りながらじっとみていたり、お気に入りの絵本をよちよち歩きながら持ってきてくれるようになり、感慨深いです。

大人になってから読む絵本もまた良いものです。

自分が読んでもらっていた絵本が、また違う場所でだれかに読まれていると思うと心がほっこりします。

これから絵本寄付をされる方へ

小さい頃の思い出のつまった絵本。

大事にしていた絵本。

でも、また違う場所で誰かが思い出を作ってくれているんだなと思うと、それだけで嬉しくなります。

パソコンや動画、テレビなどの媒体もあるけれど、やっぱり絵本ってとてもいいものだなと思います。

人の声、表情、温もり…絵本はコミュニケーションツールの一つだなと感じています。

施設に寄付するときは、あらかじめ寄付してもいいか聞いておくとスムーズかもしれません。

色々な場所で、また絵本が大事に読まれることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました