贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【杉並区企業提携保育園】絵本寄付の口コミ体験談

【杉並区企業提携保育園に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

picaさんの絵本寄付体験談をご紹介します

初めて寄付したのは子供が生まれてすぐに買った絵本でした。
何度も読み対象年齢を超えた事もあり読む事はなくなりました。
新しい絵本も増え処分を検討していましたが捨てるのはもったいないと思い長い期間自宅で保管していました。
通っていた保育園が出来てすぐだったため絵本やおもちゃが少なく悩んでいるとお話を聞いたので寄付出来るか提案をしました。
園長先生がとても喜んでくださり、絵本も捨てるよりずっと有意義な形で残ると思い寄付をしました。

なぜ【杉並区企業提携保育園】に絵本を譲ることにしましたか?

子供が開園当初からお世話になり寄付の話を提案したところ承諾して下さった。
以前におもちゃを寄付した時大切に使って頂けたので安心して寄付しました。
先生と仲が良く定期的に寄付をしていますが先生方だけでなく子どもたちが喜んでくれるため。

【杉並区企業提携保育園】絵本寄付の受入状況

絵本はその日のうちに使ってくれている様子でした。

困った様子はなく園の先生方皆さんがお礼を言ってくださりとても好印象でした。

今までおもちゃや絵本など寄付の品を持っていくと全て受け取ってくれています。

大きめのおもちゃは喜ばれました。(プラレールを走らせるおもちゃ)

本や寄付に対する【想い・思い出】

捨てる事が得意ではないため使ってくださるならボロボロになるまで子ども達に使って貰えたら嬉しいです。

絵本は使える期間があまり長くないからこそ我が子が使い終わったら大切にしてくれる子供たちのもとにお渡しできればいいなとずっと思っていました。

売ることも一つの手段ですが、通っている保育園へ寄付をしたので身近な子供たちが実際に使っている姿を見られるのはとても嬉しいため今後も寄付は定期的に行いたいと思っています。

これから絵本寄付をされる方へ

子ども達が色々なものを見て触れて欲しいため小さな手助けになると私は思っています。

いつも先生方だけでなく子どもたちも喜んでくれるので後悔したことはありません。

施設との距離も近づき関係良好になる事も多いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました