贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【東広島市の子育て支援センター】に、絵本寄付した際の口コミ体験談

【東広島市の子育て支援センターに、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

たろちゃんさんの絵本寄付体験談をご紹介します

プレゼントでいただく絵本がたくさんあり、もともと狭い部屋だし、本棚も小さいものなのでこれ以上は入らなかったことがきっかけになりました。
そこで、擬音だけとか、ほぼ絵のみ等の赤ちゃん向け絵本を手放すことを決めました。
ただ、古本屋で売っても大した値段にならないし、それだったら園か子育て支援センターに寄付しようと思いました。
それからは、子どもたちと相談して、これは要る、こっちはもう小さい子にあげても良いと言う本を選別しました。

なぜ【東広島市の子育て支援センター】に絵本を譲ることにしましたか?

まず、その支援センターには、子どもが入園前によくいっていたし、スタッフの方とも打ち解けていたからです。
また、そこは発足してから5年ほどで絵本は2段のカラーボックスがまだ余るほどしか置いて無かったからです。

【東広島市の子育て支援センター】絵本寄付の受入状況

スタッフの先生には歓迎されました。

どれもセンターには無い絵本でしたし、状態も綺麗な本が多かったので喜んでいただけました。

絵本以外には、使わなくなった幼児用のおもちゃ(かたはめ、ブーブーカー、ローリー、押すとプープー音がするマスコット)が喜ばれました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

子どもたちが赤ちゃんの時から読み聞かせてきた思い出のある絵本たちで、噛んだ跡があったり、何度も読んで破れていたり、お気に入りのページでいつもワラッテイタ思い出が詰まっていて、手放すのは寂しくもありました。

でも、これから支援センターでたくさんの親子に読んでもらって、私たち親子が経験したすばらしい絵本との時間を過ごしてもらえたら良いなと思って寄付しました。

私自身親に読んでもらった絵本を今も覚えていますし、寄付した絵本もみんなの思い出に残ったら素敵だなと思います。

 

これから絵本寄付をされる方へ

まず、寄付する前に電話等でその旨を伝えた方が良いと思います。

園児が多い園だと、すでに寄付寄贈された絵本がたくさんあって困らせてしまうかもしれません。

私は寄付後に「子どもたちが喜んで見ています。」と言われて嬉しかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました