贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【枚方市の公立図書館・留守家庭児童会室】本・絵本寄付の口コミ体験談

【枚方市の公立図書館・留守家庭児童会室に、古本・絵本を寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、本・絵本を寄付しようと思いましたか?

kotokotoさんの本・絵本寄付体験談をご紹介します

小さいころから本が好きで、気になる本はすぐ購入していたため、家に本があふれかえっていました。

何度も読んで読み飽きてしまった本や、本棚の奥にしまい込んで眠っていた本など、整理整頓の際に沢山出てきて処分を余儀なくされました。

どれも大切に読んできたものばかりだったので、捨てるに捨てれず、誰かに読んでもらうことはできないかと思ったのが寄贈のきっかけです。

古書店に売ることも考えましたが、漫画と違い絵本や童話小説などは売りに行く労力と売り上げが伴わないこと、結局は廃棄になる扱いだと聞き、悲しい気持ちになったので、どこか末永く楽しんでもらえるところはないかなと探し始めました。

 

なぜ【枚方市の公立図書館・留守家庭児童会室】に本・絵本を譲ることにしましたか?

どこに持って行けばいいかと考えて、まずは近くの図書館を検討しました。

図書館に持って行けば、またもし読みたくなったときも貸し出しで読むことができるし、何よりたくさんの本が必要なので、重なっても迷惑にならないのではないかと思ったのです。

本の分類をしている際に出てきた小学生向きの物語や小説は、児童会にある本の内容によっては、かぶらなければ子どもたちの新しい読み物になりはしないかと思い、留守家庭児童会に持って行くことを考えました。

持って行った本は、図鑑童話などのハードカバーの読み物、ティーンズ向けの文庫小説絵本詩集などです。

児童会には魔女っ娘シリーズやかいけつゾロリ等のシリーズ本の一部です。

 

【枚方市の公立図書館・留守家庭児童会室】古本・絵本など寄付の受入状況

図書館の方は何のアポイントもとらずに持ち込んでしまったので、まず驚かれてしまいました。

せめて電話でお伺いしてからにすればよかったと思います。

けれども寄贈に関しては快く引き受けて下さりました。

貸出できる手続きを済ませたら本棚に並びます、とお伝えいただき、又読みたくなったら借りに来ますと言ったのを覚えています。

児童会の方は、ちょうどお部屋にある読み物に子どもたちが飽きてしまっていたようで、さっそく読んでいて、大変助かりましたとお話を伺い、持って行かせていただいてよかったと思いました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

いずれにせよ、持って行っても迷惑になるのではないかなと思っていました。

不用品を押し付けてしまっているだけではないかと。

でも自分にとっての不用品が、別の場所で改めて大切に読まれ始めていることを伺ったり見たりすると、ではまた機会があればもってきても大丈夫かと問い合わせをしたくなります。

もちろん新品の寄贈が一番良いのかもしれませんが、不要本が本当の廃棄物として取り扱われるのではなく、リサイクルやリユースとしてまた喜ばれる形が取れるのであれば、古書寄贈もあってもいいのかなと思います。

 

これから本・絵本を寄付をされる方へ

私は失敗しましたが、まず、事前に必ず寄贈先にお電話で問い合わせをしていただきたいです。

市町村や図書館の種類によっては一般からの寄贈は受け付けていないこともあるかもしれません。

新品寄贈の場合は別ですが古書を寄贈される場合は本の状態にもご注意いただけたらと思います。

糸の解けや落丁や本の状態によってはせっかくの寄贈も、受ける側が不快になってしまいます。

大切に読まれていた本には思いがこもっているので、本も人も気持ちの良い寄贈のやりとりができることを願います。

 

タイトルとURLをコピーしました