贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【横浜市の公立小学校】に、絵本寄付した際の口コミ体験談

【横浜市の公立小学校に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

hmackさんの絵本寄付体験談をご紹介します

絵本を寄付しようと思い立ったきっかけは、長男の通っていた小学校の学校だよりに募集の知らせがあったからです。
自宅にある、もう読まなくなった絵本があったら学校の図書室へ寄贈してほしいという内容でした。
小学校とはいえ絵本は低学年に需要があるのですが、所蔵されている絵本が古くなって劣化が激しく、そもそも図書室自体の蔵書が少ないとのことでした。
家にはちょうど、誰も読まなくなった絵本があったので寄付することにしました。
絵本には思い入れがあり、リサイクルショップに売る気にはなれなかったのですが、子どもが通っている小学校ならば信頼できるし、役立てるのであれば嬉しいと思ったことも理由の一つです。

なぜ【横浜市の公立小学校】に絵本を譲ることにしましたか?

タイミングとしては子どもが高学年になり、絵本は全く読まなくなっていました。
小説や漫画をよく読むようになり、絵本を寄付することによって本棚のスペースが確保されれば、もっと読みたい本を買ってあげられると思いました。
そもそも通っていた小学校の図書室の先生のことを存じ上げていたのですが、とても子供たちに親身になって下さる方で、また子供たちに本に触れて欲しいと熱心に活動されていたので、募集の知らせを見て真っ先に手伝いたいと思ったので、学校に絵本を譲ることにしました。

【横浜市の公立小学校】絵本寄付の受入状況

作業現場に立ち会うことができたのですが、重曹水で表紙、裏表紙、本の角やフチを丁寧に拭きあげ、修繕する必要のある場所には処置を施し、専用のカバーリングをつけ寄贈ののラベルも貼って、とてもきれいになって図書室や各学級の文庫に並べられていました。

早速手にとってくれる子供たちもいてとても嬉しかったです。

直接学校へ持ち込んだので送料はかかりませんでした。

絵本以外に喜ばれていたものは私が寄贈したわけではないのですが、長谷川町子さんのサザエさんの文庫本です。

漫画も立派な日本の文化、内容によっては喜ばれる団体も多いのではないでしょうか。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

絵本は、小さかった子供たちの思い出がつまったかけがえのないものでした。

ただ、現在進行形で成長し続ける子供たちにとっては卒業してしまった過去のものであることも事実でした。

リサイクルショップに売って新たに本を増やすスペースを作るのも手段の一つだったのですが、どうしても二束三文の小銭に替えてしまうのは抵抗があって、とても収納に困っていました。

ただ、必ず役立ててくれる信頼できる団体なら、今現在絵本を必要とする子供たちに確実に届けてくれるし役立ててくれると思います。

 

これから絵本寄付をされる方へ

実際に集められた絵本を選り分けたり、修繕する現場に立ち会えたのでその時に感じたことですが、特定の宗教団体や政治団体の発行された絵本は避けた方がよさそうです。

せっかくなのに心苦しいと先生もおっしゃっていましたが書棚に並ぶことはなかったです。

我が子が読まなくなって持てあましていた絵本を、目をキラキラさせて読んでいる低学年の生徒さんを見た時は胸がいっぱいになりました。

思わず、この本はうちのお兄ちゃんが読んでいたんだよ~と話しかけたくなりました。

絵本も喜んでいるように感じました。

タイトルとURLをコピーしました