贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【横浜市の認定保育園】に、絵本寄付した際の口コミ体験談

【横浜市の認定保育園に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

るるさんの絵本寄付体験談をご紹介します

私は小さい頃から母に読んでもらう絵本が大好きでした。
それがきっかけで、大人になった今でも物語がとても好きです。
小さい頃絵本から優しさや思いやり、時には悲しかったり切ない感情を教わってきました。
今は絵本に触れる機会は子供の頃と比べてぐんっと減りましたが、今でも懐かしい気持ちになることがあります。
私が色々なことを教わり、大好きだった絵本を寄付することで子ども達に少しでも楽しかったり幸せな思い出が残ればと思いました。

なぜ【横浜市の認定保育園】に絵本を譲ることにしましたか?

大切な人が働いていて、もし良ければと話を持ちかけたのがきっかけでした。
その人から子供たちが絵本の時間が大好きなこと、取り合いになってることを聞いて部屋を整理するタイミングで寄付をしました。
子供たちがすごく喜んでくれていると聞きとても嬉しいです。

【横浜市の認定保育園】絵本寄付の受入状況

とても歓迎していただけました。

絵本が好きな子が多いらしく新しいものが入ると嬉しいと言っていただけました。

今も募集をしていると思います。

他にもぬいぐるみ、ビーズ、電池で動くおもちゃ、おままごとのセットなどを寄付しました。

こちらも子供たちがとても喜んでくれていると聞き心が暖かくなりました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

冒頭でも少し触れましたが、私の母は私が小さい頃絵本を沢山読み聞かてくれました。

私が小さい頃入院生活をしていたのも影響したのか、たまに体にまつわる絵本も読んでくれたりして、本当に多くを学びました。

病院や薬局、幼稚園などで小さい頃私が退屈しないように手に取った絵本も今思えば寄付によるものだったのでは、と考えた時私のような大変な気持ちになっている子やその保護者の方の一時の癒しに私の大好きな絵本がなればと思いました。

 

これから絵本寄付をされる方へ

幼い頃大切にしていたはずの絵本も大人になるにつれていつの間にか手に取らなくなり、押し入れや本棚で誇りを被っていませんか? 私はまさにこの状況でした。

あなたの絵本でたくさんの子供たちや保護者が笑顔になる、そんな可能性をあなたの絵本は持っています。

手放すとき少し寂しい気持ちになるかもしれません、でも寄付してよかったなと思える時が来ますよ。

絵本に再会して新しい場所へ導いてあげてください。

絵本には昔の折り紙や落書きがあったりすることがあります。

寄付する前はよーく確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました