贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【横須賀市(浦賀)私立I幼稚園】絵本寄付の口コミ体験談

【横須賀市(浦賀)私立I幼稚園に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

“The Shepherd Boy and the Wolf”

ゆたじんさんの絵本寄付体験談をご紹介します

自分の子供が通っている幼稚園で定期的に寄付の依頼があるので自宅で保管してあってもう古くなってきた絵本ですが古いものの、まだまだ十分、読める本なので捨てるのは勿体ないですし、売るのもどうかと思ったところ、幼稚園に寄付の形であれば今や未来の子供たちの育成に少しでも役に立つし、SNS全般の世の中で紙の本を読むという習慣を持ってほしいと思い、寄付しようと思いました。
わずかばかりの寄付でしたが幼稚園からは喜んでもらえたので良かった。

なぜ【横須賀市(浦賀)私立I幼稚園】に絵本を譲ることにしましたか?

丁度、子供が通っている時に幼稚園の案内の中に絵本の寄付を募る内容が書かれていました。
募集は絵本であれば古かったり、切れているような状態が悪い本でも良かったのでもう読まずに保管だけしていた絵本を寄付しようと思いました。

【横須賀市(浦賀)私立I幼稚園】絵本寄付の受入状況

本はいくつか集まっているようでしたが幼稚園に結構、大きな図書室があり、本を大量にストックできるスペースは既にあったので絵本の寄付の際は非常に喜ばれたという記憶が残っております。

今も寄付は定期的にされているようです。

絵本以外での寄付は有りませんでした。

絵本は宅急便で送るほどの量で無かったので確か、園バスに一緒に乗せてもらったと記憶しております。

本や寄付に対する【想い・思い出】

幼少期に読んだ絵本は非常に印象に残るので寄付は非常に素晴らしい事だと思う。

私も幼稚園を卒園してもう30年以上も経ち、幼稚園に通っていた時の記憶はほとんどありませんが幼稚園の頃に読んだ絵本、エルマーの冒険や、バーバパパ、アンパンマンや
飛行機パンなど、今でも鮮明に覚えているので、幼少期に本を読むという行為は非常に意味のある大事な事だと思います。

また、買うとなると読める本も限定されてしまいますが寄付という形で幼稚園でいつでも読めると多くの本から気になるものを読めるので
自分で選ぶという選択があるのは良いと思います。

これから絵本寄付をされる方へ

絵本を読むことは非常に多くの学びがあります。

昨今、幼稚園でもスマホの影響で本を読まなくなっている状況です。

本を読む習慣を大人がしっかりと教えなくてはいけないと思うので是非、寄付は積極的に行っていただきたいと思います。

未来の子供の為にも。

タイトルとURLをコピーしました