贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【江東区の公設民営保育園】に、絵本寄付した際の口コミ体験談

江東区の公設民営保育園に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

wakahanaさんの絵本寄付体験談をご紹介します

子どもも大きくなって、小さいときに購入した絵本を見なくなり本棚に片付けられていることが多くなりました。

小さいときはよく取り出してきて読んであげていたので私自身も、子どももその絵本はお気に入りだったので手放すのを躊躇するほどでした。

お気に入りなので捨てることはしたくないと考えました。

そのときに、どうしたら捨てずに大事にしていってもらえるかを考え、思い立ったのが保育園に寄付をしたらどうかと考え付きました。

なぜ【 江東区の公設民営保育園】に絵本を譲ることにしましたか?

寄付先を考えたときに、子どもがお世話になった保育園に寄付をするか自分自身が勤めている保育園に寄付するかを考えました。

そのときに、自分自身が勤めている保育園なら、子どもたちが楽しんでいる様子も見ることができ、自分自身もまた子どもたちと楽しめると考え、寄付先を決めました。

【江東区の公設民営保育園】絵本寄付の受入状況

同じような絵本がボロボロになってきていて、購入を考えていたときだったので、とても歓迎されました。

絵本の貸し出しもしているので、同じような絵本季節ものの絵本行事に関する絵本は本当に、よろこばれました。

本や寄付に対する【想い・思い出】

寄付した絵本は、小さいときに子どもの誕生日プレゼントで渡したものや、サンタクロースからのプレゼントだったりするものだったので、渡されたときはとても嬉しそうにしていて今でも自分の子どもたちが楽しんで毎日「読んで」と持ってきてくれるのが目に浮かびます。

寄付に関しては、また違った子どもたちが同じように、楽しんでくれるだろうということが目に浮かび、楽しみでした。

自分自身が勤めている保育園だったので子どもたちの様子もみられるので楽しみでした。

これから絵本寄付をされる方へ

もし、保育園に寄付をするのでしたら大好きな絵本ほど子どもたちは何回も見て、ボロボロになってしまいます。

職員の方々が本当に絵本を大事にしてくれるかを見極めることも大事かと思います。

寄付したものは、案の定ボロボロになってしまいましたが、大好きな絵本がもう一度、子どもたちに楽しんでもらえているのを見ると、本当にうれしく感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました