贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【泉南市立図書館】絵本寄付の口コミ体験談

【泉南市立図書館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

ハナさんの絵本寄付体験談をご紹介します

引越しのため、実家を整理していたところ、私が子供の頃に読んでいた絵本や児童文庫が100冊ほどあり、捨てるには惜しいと思ったため、寄付に至りました。
幼少の頃、親の仕事の影響で、日本と海外を行ったり来たりしており、飛行機の中や現地で退屈しないようにと買い与えられていました。
多くの絵本が私の世界を広げてくれて、視野を広く持つことができたと思っています。
出身校に寄付したかったのですが、ネットで「学校に寄付するより市に寄付した方が良い」と目にしたので、市立図書館に寄付しました。

なぜ【泉南市立図書館】に絵本を譲ることにしましたか?

最初は、私が通っていた幼稚園か小学校に寄付するつもりでした。
本の選別や汚れの確認など相手側が負担に思わないように、何をチェックするべきかネットで調べてみると、園や学校の職員の仕事が増えるため市に寄付した方が良いというコメントを目にしたので、市立図書館へ寄付致しました。

【泉南市立図書館】絵本寄付の受入状況

泉南市立図書館へ電話で確認した後、直接届けました。

受付デスクでダンボール4箱を手渡すと、スタッフの方々はとても喜んでくださり、わたしも大変嬉しく感じました。

絵本よりも児童文庫の方が喜ばれていた印象を受けました。

雑談ではありますが、「本の寄付はありがたいが、スタッフが足りない」という胸をおっしゃっていました。

本や寄付に対する【想い・思い出】

寄付するためには、まず汚れなど確認しなければいけないと思い、一冊ずつぺらぺらとページをめくっていきました。

「こんな話だっけ?」

「この本はお気に入りだったな」

「この落書きは妹が書いたやつだ!」

など、覚えてもいなかった小さい頃の記憶が頭をかけめぐり、涙が出ました。

両親は横でその様子を見ながら、絵本のおかげで海外に一緒に行けた(笑)と笑っていました。

本を片付けながら、昔はこんなんだったな、と両親と昔話を楽しむことができました。

これから絵本寄付をされる方へ

寄付する本のリストを作っておくと、向こうのスタッフの方々が整理しやすいと思います。

題名の他にも、本の状態を◯や△といったように簡易的に表しておくと尚良いと思います。

絵本や児童文庫から得た知識や知恵は、私の人生を豊かにしてくれていると実感しています。

その思いが一人でも多く広がれば良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました