贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【浜松市立東図書館】絵本寄付の口コミ体験談

【浜松市立東図書館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

ktさんの絵本寄付体験談をご紹介します

親戚の子が昔定期購読で購入して読んでいた本を、もう読まなくなったということで処分すると聞きました。
たしょうシミがあるけども、捨てるくらいなら自分が引き取ってお金に替えようと思い、取り敢えず貰ってきたのですが、古本買取では全然お金にならず、また、メルカリなどは苦手意識があるためわざわざやる気も起きず。
余談ですが、自分はものを捨てるのが苦手な性分。
普段断捨離をするときは、不用品を集めてグローバルに寄付を展開している団体に送っています。
送料手間賃かかりますが。
そのため、貰ってきてしまった絵本もそのまま捨てるに忍びず、なんとか生かす方法はないかと上方収集をしました。

なぜ【浜松市立東図書館】に絵本を譲ることにしましたか?

図書館への持ち込みは、寄付というか寄贈というらしいです。
通勤途中にある図書館なので車で持ち込みができる利点がありました。
電話で聞いたところ著名な絵本はよく利用されるので助かりますとのこと。
とりあえずなんでも受け取ってくれそうだったので持ち込んでみました。

【浜松市立東図書館】絵本寄付の受入状況

寄贈本はいろんな検討事項があり、その場では貸出利用されるかどうかという結果がでないようです。

なかには同じ本がいくつもあるだとか、内容があまりふさわしくないだかで、貸出する本として利用されない本もあるようです。

その場合はリサイクルなど図書館側に処遇を一任するという条件のもと寄贈の受け入れをしていました。

なので、どうなったかは分かりません。

本や寄付に対する【想い・思い出】

姪っ子がまだ1歳くらいだったとき、子守りをするにあたって『もこもこもこ』が好きだから読んであげてと渡された絵本がありました。

1歳ってまだ言葉はわからないんじゃないの?と思って読み聞かせをした覚えがあります。

確かに聞いてるのかなんだかよくわからない感じでしたが、じっと絵を見つめていて何かを感じ取ってるように見えました。

あとで聞くと、どうやら赤ちゃんにとって絵本は、読み手から声をかけてもらったという嬉しい体験をさせてくれるもので、心が育つのに必用なものなんだとか。

絵本にそんな力があるなんて!と驚いたことがあります。

これから絵本寄付をされる方へ

今まで図書館の絵本コーナーは全く見たことがなかったのですが、寄贈をきっかけに初めてフロアを見てみました。

図書館おすすめの絵本がリストになった冊子などもあり、どんな絵本が子供におすすめなのか非常に参考になりました。

ともすれば発行があたらしい本ばかりに目が行きがちですが、図書館のおすすめの絵本は昔に発行され、今でも自信をもって読み聞かせしてもいいという普遍的なものを扱っていました。

結構古い絵本だけど…と心配にならなくても絵本は世代を超えて楽しんでもらえるものだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました