贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【特定非営利活動法人ラオスのこども】絵本寄付の口コミ体験談

【特定非営利活動法人ラオスのこどもに、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

nosonosoさんの絵本寄付体験談をご紹介します

子供の頃に読んだ絵本は、大人になった今でも、すごくはっきりと覚えています。
日本は、きれいな絵本がたくさんあり、簡単に手に入るし、図書館でも読むことができます。
しかし海外では、図書館どころか絵本すらない国がまだたくさんあります。
特定非営利活動法人「ラオスのこども」が、ラオスの子供たちに日本の絵本を贈ったり、現地に図書館をつくる活動をされていることを知り、これは素晴らしい事だと寄付用の本を古書店で買い集めています。

なぜ【特定非営利活動法人ラオスのこども】に絵本を譲ることにしましたか?

友人がこの団体で働いていたので、活動内容を知りました。
昔、仕事でアジアの国に駐在していたことがあり、アジアの方には大変お世話になりました。
いつか恩返しがしたいと思っていたので、この団体へ寄贈することを決めました。

【特定非営利活動法人ラオスのこども】絵本寄付の受入状況

買い集めたものを、事務所へ発送(こちら負担)しようと思いましたが、どうせなら現地の様子を見てみたいと思い、自分でラオスまで持って行きました。

本好きのラオスの子供たちが、目を輝かせて読んでいる光景を見て、ずっと続けようと思いました。

本や寄付に対する【想い・思い出】

絵本以外にも、応援している人や団体に、できる範囲ですが、寄付するようにしています。

日本は、まだまだ寄付の文化が根付いていない国だと思います。

宗教にも関係しているのかも知れませんが、年収の〇%は寄付しようと自分に課しています。

寄付する団体は怪しいところも多いので、信用できるところかどうかを自分で確認し、真面目に使っていただける所しか寄付していません。

「ラオスのこども」のいい所は、絵本をそのまま贈るのではなく、ラオスでも通じる話の内容であること、ラオス語の翻訳を張り付けること、など、とてもよく考えられています。

これから絵本寄付をされる方へ

私のように、集めた本を自分の手で現地まで持って行かれることをお薦めします。

目をキラキラ輝かせて嬉しそうに本を読む子供たち。

日本では当たり前のようにあるものが、まったくない国はたくさんあります。

そういったことを、日本の子供たちに教えながら、一緒に集めて、寄付してあげてください。

タイトルとURLをコピーしました