贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【相模原市の私立幼稚園】絵本寄付の口コミ体験談

【相模原市の私立幼稚園に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

r.mさんの絵本寄付体験談をご紹介します

私の家は子供が私1人だったので、絵本を読む年代を過ぎてからしばらくは絵本をそのままにしていましたが、引っ越しをする際に片付けの一環として寄付という形を取りました。
なぜ寄付だったか、と言われたらどうせならすぐに手元に届くようにしたいなと思い、両親と話をして決めました。
古本屋に売ることも提案されましたが、子供が読んでくれた方がいいと思いましたので、元々私が通っていた幼稚園に寄付することにしたのです。

なぜ【相模原市の私立幼稚園】に絵本を譲ることにしましたか?

寄付先を考えた時に真っ先に思い浮かんだのが、自分が通っていた幼稚園でした、ほかにあまり選択肢がなかったということもありましたが、子どもの数も多い園だったので、そちらにしようと思いました。引っ越しの1カ月前でした。

【相模原市の私立幼稚園】絵本寄付の受入状況

自宅近くだったので、歩いて持っていきました。

保存状態も良かったので、安心して置けると言って頂いた記憶があります。

OBだったので、寄付を受け付けたとの話もされたので今現在受け入れているかはわかりません。

本や寄付に対する【想い・思い出】

小さい頃から父親にも、母親にも絵本をたくさん読んでもらった記憶があります。

幼い頃は走り回っているよりも座って絵本を読んでもらったり、昔話を聞いているのが好きなこどもだったので、人よりも沢山読んでもらったのではないでしょうか。

また、本の扱い方については両親からかなり厳しく言われました。しつけの一環だったのでしょうか。

そうした思い出の品でしたが、手放す時にどうせなら早く子どもに手に取ってほしいな、と思ったのが正直な感想です。

これから絵本寄付をされる方へ

喜んでいただけるところは必ずあると思いますので、よい巡り合わせで寄付ができると良いと思います。

私は寄付先が昔通っていたところだったので、昔話に花が咲いたり、当時は言えなかったありがとうを伝えることが出来ました。

タイトルとURLをコピーしました