贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【神戸市立東灘図書館】絵本寄付の口コミ体験談

【神戸市立東灘図書館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

にこにこさんの絵本寄付体験談をご紹介します

リビングに本棚があると、本が好きな子供に育つと聞きリビングに本棚を設置しました。
2歳の息子は期待通りに絵本が大好きで、1人でもよく本棚からお気に入りの絵本や図鑑を引っ張り出して読んでくれています。
しかし、そう広くはないリビングなので、大きな本棚を設置することはできず、毎月幼稚園やベビーくもんから届く絵本ですぐにいっぱいになってしまいました。
これからも本は増え続けるので、一度整理しなければと思い、赤ちゃんの頃に読み聞かせていたものや、息子が気に入っていない絵本を寄付しようと思いました。

なぜ【神戸市立東灘図書館】に絵本を譲ることにしましたか?

以前に息子と図書館を利用していた時に、寄付をしている方を見かけました。
自分もいつか本を寄付することがあれば、多くの人に利用してもらえる公立の図書館に寄付をしようとずっと思っていたので、図書館に寄付をさせていただきました。

【神戸市立東灘図書館】絵本寄付の受入状況

本を直接持ち込みさせてもらいましたが、対応してくださった職員さんは寄付をとても喜んでくれました。

ただ、重複する絵本や状態の悪い本は、もしかしたら処分するかもしれないとおっしゃっていました。

また何かあれば寄付をさせていただこうと思いました。

本や寄付に対する【想い・思い出】

息子が産まれて、絵本で世界を広げて欲しいと思い、これまでたくさんの本を読み聞かせてきました。

インターネットや本屋さん、ベビーくもんで素敵な絵本にたくさん出会いましたが、図書館もよく利用させてもらいました。

自分も図書館でたくさんの絵本の中から息子が好きそうな本を探すのが楽しかったので、図書館を利用する方に同じように絵本を楽しんで欲しいと思いました。

また、自宅はスペースが限られているので、保管しきれなかった絵本に図書館で再び巡り会えたら嬉しいなと思いました。

これから絵本寄付をされる方へ

小さい子供の絵本は、乱暴に扱われてしまい痛みがある本が多いと思いますが、寄付をする絵本は状態の良いものを選ぶと、寄付される側も気持ち良いと思います。

思い入れのある本を捨てるのは寂しかったので、寄付をすることで別の子供達に楽しんでもらえると嬉しく思います。

タイトルとURLをコピーしました