贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【福岡市内の児童養護施設】本・絵本寄付の口コミ体験談

【福岡市内の児童養護施設に、古本・絵本を寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、本・絵本を寄付しようと思いましたか?

なあさんの本・絵本寄付体験談をご紹介します

 

母親が幼稚園の先生をしていたこともあり、我が家には小さい頃から絵本が本棚いっぱいにありました。

 

しかし、小学校にあがって周りの友達の話を聞いていると、絵本が欲しくても家にないから学校の図書館で借りたり、休みの日に図書館に行ったりしているということでした。

 

絵本をもっとたくさんの子供たちに読んでもらい、楽しい記憶をたくさん残して欲しいと思いました。

 

私も小さい頃に読んでいた絵本を本屋で見かけるとわくわくするので、そういった人が増えてくれると嬉しいと思いました。

 

なぜ【福岡市内の児童養護施設】に本・絵本を譲ることにしましたか?

たまたま児童養護施設について、学校の課題で調べる機会があり、多くの施設のホームページをみているときに、寄付を呼びかけている方がいるのを知りました。

 

そのときは行動に起こせませんでしたが、実習先で養護施設に行った際に、絵本の読み聞かせを目を輝かせながらきいている子供たちの姿をみて、わたしの家に眠っている絵本たちもこういった役割があるのではないかと思い、寄付をしようと思いました。

 

ボロボロの絵本でしたが、受け取り先の方は喜んでくださり、私も嬉しかったです。

 

【福岡市内の児童養護施設】古本・絵本など寄付の受入状況

有名な作品が我が家には多かったこともあり、被っている絵本も結構ありました。

 

しかし、その分は、まだ足りていない施設や、他の施設に譲るという風におっしゃっていました。

 

また、紙芝居も我が家にはあったので、そちらも寄付しました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

冒頭に記載していたように、我が家は小さい頃から絵本が多くある環境だったため、毎日一冊は絵本を読んでいました。

 

自分でお気に入りの絵本を毎日選んで読んでいました。

 

また、母親が絵本の読み聞かせをするのが楽しかったようで、毎晩寝る前に何冊か絵本を選んできて、母親に読んでもらっていました。

 

今でも何冊かは記憶に鮮明にのこっていて、表紙を見るだけで内容を思い出す絵本がたくさんあります。

そんな思い出記憶をもっと多くの子供達にも残してほしいです。

 

これから本・絵本を寄付をされる方へ

古い絵本でボロボロになっていたり、汚れが残っていたりして、気が引けている方も多いかもしれません。

 

しかし、絵本をもらう施設や、子供たちはそんなこと気にならないくらい、絵本があることが嬉しいと言われました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました