贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【秋田市の施設】絵本寄付の口コミ体験談

【秋田市の施設に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

AUOさんの絵本寄付体験談をご紹介します

元々保育士をしていて保育士を辞めてほかの業界に転職したが、やっぱり子どもが好きで自分が保育士をしていた頃の絵本を子どもたちに読ませてあげたかった。
自分が絵本を持っていて読まずに押し入れに眠っているのを掃除中偶然見つけて近くの施設に寄付しに行った。
子供たちは喜んで絵本を手に取り、読みはじめるとじっくりと読み始めた。
その姿を見てどんなに古くても絵本の力ってすごいんだなって思い、まだ家に眠ってる本がないか探してみました。

なぜ【秋田市の施設】に絵本を譲ることにしましたか?

以前その施設で勤務していて絵本の数がとても少なく、ボロボロになっている状況を知っていました。
時々読み聞かせに訪れるボランティアさんの読み聞かせを子供たちがとても楽しみにしている姿を見て絵本が大好きな子供たちに寄付してあげたいと思い寄付しました。

【秋田市の施設】絵本寄付の受入状況

絵本の寄付は歓迎されました。

絵本は価格が高くあまり多くの購入はできないため寄付はとても喜ばれました。

現在も絵本のほかにおもちゃや消耗品の寄付も受け付けております。

特に男の子には戦隊モノや面白い絵本が好まれていて、女の子にはかわいいものやキャラクターがついているものが好まれました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

私が絵本を好きになった理由は幼稚園の頃に母が買ってくれた1冊の絵本でした。

タイトルは忘れましたが、すべて英語表記でした。

内容は主人公の女の子が各国を旅していくお話でした。

その絵本には実際に各国のデザインの手紙が入っていて幼少期の頃の私はその手紙をひらくのを楽しんでいました。

その絵本はもう持っていませんが印象に残っており忘れることができません。

その時の次のページには何が出てくるんだろうというわくわく感を子どもたちにも味わってもらいたいと思い、寄付をするようになりました。

 

これから絵本寄付をされる方へ

これから寄付をしようと考えている方は、とても優しい方々だと思います。

絵本を楽しみにしている子供たちがたくさんいますので眠っている本、何年も読んでいない本があるのであればぜひ寄付してあげてください。

もし時間があるのであれば読み聞かせのボランティアも楽しいですよ。

タイトルとURLをコピーしました