贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【練馬区の区立図書館】絵本寄付の口コミ体験談

【練馬区の区立図書館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

あいあいさんの絵本寄付体験談をご紹介します

子どもの読み聞かせのために買った絵本ですが、子ども自身が大きくなって、もう読む機会もなくなってしまいました。
それでも、子どもと一緒に読んだ思い出のつまった絵本を古紙としてゴミにしてしまうのにはどうしても抵抗がありました。
古本屋さんに持ち込むことも考えましたが、読み込んだので多少汚れもあり、売れそうにもなかったので、寄付することで誰かのまたお気に入りの一冊として大事にしてもらえたらと思って、寄付を決めました。

なぜ【練馬区の区立図書館】に絵本を譲ることにしましたか?

子どもが小さな頃から何度もお世話になって、何百冊と今まで借りてきた図書館なので、恩返しの気持ちで図書館にしました。
同じように絵本をよむのが好きなたくさんの子に読んでもらえたら、本もきっと喜ぶだろうなとも思いました。

【練馬区の区立図書館】絵本寄付の受入状況

どこでどうやって寄付したらいいかがわからなかったので、貸し出しや返却を担当してくださるカウンターへ直接絵本を持ち込みました。

事情をお伝えするとすぐその場で引き取っていただけて、大変喜んでくださいました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

自分たちの手には余るようになってしまった絵本がこうして寄付することによってまた誰かのためになって活躍してくれると思うと、本当に寄付をして良かったと思っています。

持ち込む手間は多少ありますが、それ以上に誰かの役にたてたという清々しい気持ちの方が大きかったです。

今回の経験を通じて、絵本に限らず読まなくなった本は、ただゴミにしてしまうのではなくて、図書館に今後も寄付するようにしたいなと思うようになりました。

 

これから絵本寄付をされる方へ

ゴミとして捨ててしまうのはもちろん簡単ですが、別の誰かにとってはお気に入りの一冊になるかもしれません。

思い出も一緒に、別の誰かにもう一度引き継げるひとつの選択肢として、寄付することも考えてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました