贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【軽井沢町公立保育園】本・絵本寄付の口コミ体験談

【軽井沢町公立保育園に、古本・絵本を寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、本・絵本を寄付しようと思いましたか?

nyankoさんの本・絵本寄付体験談をご紹介します

 

絵本の冊数が多くなり、処分しようと思っていたので、もらって頂けるならと思い寄付しようと思った。

 

子供が、もうこの本は読むことはないだろうという判断もしました。

 

せっかく寄付するのですから、子供がお世話になった保育園ならどうかな、断わられてもいいかなと軽い気持ちもあったし、園児がこの絵本を読んでくれて少しでも心に何かを感じてくれたらいいなあという思いもありました。

 

絵本を読んで視野を広げて色々な世界があると幼心に響くものがあるといいと思います。

 

なぜ【軽井沢町公立保育園】に本・絵本を譲ることにしましたか?

子供が読まなくなったのと本棚を占領していて他の絵本が入らなくなってきたのが、最大の理由だと思います。

 

数十冊あったし、ダブって購入したのもあったなあ。

 

こんなにあったの?

と少し驚きながらも、色々な物語に触れるチャンスはこの時しかないなあなんて思いながら、こんなに読み聞かせしてんだという思いもあった。

 

子育て中は、仕事の疲れもあるから真っ最中は何を読んでも後からは思いだせなかったりする。

半分寝ながら読んでいたのかもしれない。

 

【軽井沢町公立保育園】古本・絵本など寄付の受入状況

割と歓迎されることもなく淡々とそこに置いて行って下さいの園長さんの返事でした。

 

忙しいせいもあったと思います。

 

だから喜ばれて受けとって頂けたかは分かりません。

自己満足なのか処分しなくて済んだと思われたかは定かではありません。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

子供に読み聞かせした絵本が他の園児にも心を豊かにする糧となったら、この上ない幸せです。

 

絵本の持つ凄さは、どこか素敵な夢の世界に連れて行ってくれることです。

 

子供逹一人一人は感性が違うから感じ方が違うのも当然です。

 

でも、何か心に残るものがあると感性を豊かにするし、その先見るものが違ってくるのです。

 

感性は持って生まれたものよりも、育ててあげてその子の持つ力を引き出してあげることが大事だと思います。

感性豊かな子は可能性が無限です。

 

これから本・絵本を寄付をされる方へ

読んでない絵本、出会ってもいない絵本。

 

でもこんな素晴らしい物語を与えてくれる絵本があるのです。

 

この1冊の絵本がきっかけで世界観も変わるのです。

 

知らない世界がこんなに沢山あるて思えるのです。

きっかけを与えてあげて。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました