贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【銀座 無印良品】絵本寄付の口コミ体験談

【銀座 無印良品に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

ぱろまさんの絵本寄付体験談をご紹介します

子供の成長に合わせて、徐々に読まなくなった、対象月齢が合わなくなった絵本を手放そうと思いました。

捨ててしまうのは簡単ですが、想い出の詰まった絵本たちなので誰か引き継いでくれたら。。。と思って
寄付を考えました。

寄付であれば、お金を使わずともまた新しい子供達の元へ絵本が届き、大切な絵本たちが新しい子の手元で
楽しく読んでもらえるなら嬉しいなと考えて、街へ出る時はどこへ渡せばいいだろうと考えながら過ごしました。

 

なぜ【銀座 無印良品】に絵本を譲ることにしましたか?

お買い物をしていた時、絵本の本棚を見つけて販売していると思い近づきました。
するとそこは絵本の寄付コーナーで、読み終わった絵本を企業が寄付で受け取り新しい絵本を逆に受け取る事が出来たのです。
なんて素敵な取り組み!と大切な絵本を託しました。

【銀座 無印良品】絵本寄付の受入状況

こちらのコーナーでは寄付した絵本と、新しい絵本がある意味交換される仕組みなので、溢れる事はありませんでした。

仕組みとして3冊寄付すると、好きな絵本を2冊いただけるので、寄付コーナーには1冊ずつ増えていく仕組みです。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

生まれてしばらくして、絵本をプレゼントで頂く事も多かったのですが我が子はあまり興味を示さず、遊べるおもちゃやTVに夢中になって育っていました。

絵本を読まないと成長に影響出るのでは・・・と不安でしたが、早くに保育園に通えるようになってからは
状況が変わりました。

徐々に、先生がたの読み聞かせを「面白い」と感じられるようになったようで、家でも絵本をせがむようになり、今では1人で読めるように。

成長を実感できる大切な想い出です。

 

これから絵本寄付をされる方へ

施設や寄付、と聞くと抵抗が合ったり、どこへ渡せばいいの?

書類とか書くの?

と不安に思われるかもしれません。

私が利用したように、企業でも寄付を取り扱ったり読み終えた絵本を受け取ってくれる場所があるようです。

難しく考えず大切な絵本をリレーのように繋げると考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました