贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【長野県下諏訪図書館】絵本寄付の口コミ体験談

【長野県下諏訪図書館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

なおさんの絵本寄付体験談をご紹介します

小学生の時に好きだった本で、表紙がとても綺麗で人気のある本でした。
いつも借りたいと思ったときには次の巻がなかったりして嫌だったのを覚えているので、自分が寄付することで1人でも多くの子が見れるようにしたかったので寄付しました。
そのシリーズの本が二冊づつあるだけでも一冊づつあまって借りられる子が多くなると思います。
数年前にふらりと寄った際には館員の方に子供達が喜んでいたときいてとても嬉しかったのでまた寄付しようと思います。

なぜ【長野県下諏訪図書館】に絵本を譲ることにしましたか?

地元の図書館で、小さい頃に親とよく行ったのですが、借りたい本がいつも借りられていて悲しかったので書店で買いました。
自分のようになって欲しくなかったので寄付させていただきました。
その本は子供にとても人気でした。

【長野県下諏訪図書館】絵本寄付の受入状況

とても歓迎されました。

小さい頃から行きつけの図書館でしたので館員の方も喜んでくれました。

その図書館自体は子供向けの本があまりなく、大人向けの書籍や歴史の本などが多かったので子供向けの本の寄付は助かると言っていたのを覚えています。

本や寄付に対する【想い・思い出】

やはり絵本は今の子供でも学校で読み聞かせがあるし、今見ても懐かしいなぁという気持ちになって童心に帰れるのでとてもいいものだと思います。

絵本がきっかけで文字を読む事が好きになったし、そのおかげで新聞なども読むようになりました。

小学生の時は長編のサスペンス小説などが好きになっていたので子供の頃からの絵本での感受性を上げることは本当に大事なことだと思います。

ネットワーク社会ですが、今の子供達が絵本や本を好きになってくれるといいなと思います。

これから絵本寄付をされる方へ

小さい頃は誰でも好きだったと思うし、絵本や本なら誰でも買ってもらったと思います。

なのでこのネットワーク社会での小さい子のためにも捨てるぐらいなら寄付して、想像力を膨らませる力を養ってあげるべきだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました