贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【関市の図書館】に絵本寄付した際の口コミ体験談

【関市の図書館に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

yucaさんの絵本寄付体験談をご紹介します

子供が育って読まなくなってしまった絵本が、どうしても捨てられなくて寄付をしようと思いました。
その絵本たちは、子供に読んであげようと購入したのですが、忙しさの中で読み聞かせもしてあげられず、キレイな状態で埋もれてしまいました。
大きくなって、もう対象年齢をとっくに過ぎて、その絵本たちと私の思いがずっと目も向けられてなかったと思うと寂しくなり、誰かに読んでもらいたいと思いました。
そして図書館に行った時に寄付箱を発見しました。

なぜ【関市の図書館】に絵本を譲ることにしましたか?

図書館でいつもは素通りしていた場所に、寄付箱があるのを見つけました。
図書館なら、1人だけじゃなくたくさんの子供に読んでもらえるし、読み聞かせのイベントもやっているので、私が子供にしてあげられなかった事をほかの子供たちにしてもらえると思い、そこに寄付しました。

【関市の図書館】絵本寄付の受入状況

箱に入れるだけだったので、その後どうなったのかは分かりません。

ただその箱の中は、専門的な本や、古くてボロボロの本たちが多かったです。

印象としては、古本屋で売れなかったから寄付したのかなという感じでした。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

多くの絵本は、私の母が孫に購入してくれました。

私の母も忙しく、一緒に読んだ記憶があまりありません。

もしかしたら、母も昔できなかった事を私に託したのかもしれません。

母からもらった絵本は一度は子供に読むようにしていました。

子供も、おばあちゃんにもらった本という事で、今も数冊大事にとってあります。

絵本は親子のコミュニケーションの方法でもありますが、母から子へ、またその子へ、いろんな思いを受け継いでいくものでもあるのではないかと思います。

 

これから絵本寄付をされる方へ

思いのある絵本なら、たくさんの子供に読んでもらえるところが良いと思います。

お母さんの思いも詰まっている絵本たちは、違うお母さんへ、また引き継がれます。

そういう思いで手放した時、絵本たちに感謝の思いが溢れました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました