贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【香川県高松市の私立保育園】絵本寄付の口コミ体験談

【香川県高松市の私立保育園に、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

NACHI_HALUさんの絵本寄付体験談をご紹介します

子供が保育園児の時、園で毎月1冊おすすめの絵本を買っていました。
希望者のみ購入ができるので、強制購入ではありません。
年間12冊4年で48冊もたまります。その他でも購入していたので、60~70冊くらい1人の子供で持っていたと思います。
それくらいの量となると、場所もかさばるし、成長するにつれて読まなくなりました。
家に飾っているだけで日焼けも気になります。
古本屋にて金額を算出してもらうと、全部で1000円もならなかったので、その足で寄付することにしました。

なぜ【香川県高松市の私立保育園】に絵本を譲ることにしましたか?

子供2人がその保育園にお世話になり、小学校に上がる前に家の中を整理整頓している時にいろいろな作品が出てきて、保育園での出来事を思い返しました。
最初、古本屋に売却を考えていましたが、金額が希望価格と離れていました。
保育園では本当に良くして頂き、保育園に対して感謝の気持ちしかありませんでした。
何かできることは無いかと思い、お世話になった保育園に寄付しました。

【香川県高松市の私立保育園】絵本寄付の受入状況

絵本の寄付は大歓迎でした。

実際に持参した時に、同じ本も数冊ありました。

しかし、園児に対して貸し出しもしているので、同じ本が何冊あっても良いとのことでしたので、そのまま全ての本を寄付しました。

我が家の他に同年卒園したほかの家庭からの寄付もあったようです。

本や寄付に対する【想い・思い出】

絵本や玩具に関しては、対象年齢を過ぎると、興味を持つこともなくなり、ゴミになるか、使用しないまま保管するか、売却・寄付をすることになると思います。

どれが一番喜ばれるかを考えると、寄付が一番ではないかと思います。

寄付をすることで、再度読まれる本。

本にとっても喜ばれるのではないかと感じます。

寄付した本が読まれることがないのであれば、その他に寄付をしたら良いのではないかと考えます。

傷んでくると、保育園であれば欲しい園児にもってかえってもらっても良いですし、同じ本が数冊あるのであれば、保育園のバザーに出すのも良いかと思います。

最後まで大切に利用してほしいです。

これから絵本寄付をされる方へ

絵本を寄付する前に、寄付先に対して、必要性の有無を確認する必要があると思います。

寄付されて全ての人が喜ぶとは限らないので、保管場所であったり、利用頻度であったりを考慮してもらうことが大切です。

事前確認することで、本当に必要なものと認識されるので、本当に喜ばれます。

タイトルとURLをコピーしました