贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【鹿児島市の公立保育園】本・絵本寄付の口コミ体験談

【鹿児島市の公立保育園に、古本・絵本を寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、本・絵本を寄付しようと思いましたか?

あゆみさんの本・絵本寄付体験談をご紹介します

 

我が子が絵本が大好きで、買ってあげたりもらったりでたくさんの本がありました。

 

成長にするつれ、好みが変わったり読まなくなる本が出てきて、それでも本は好きなので増える一方でした。

 

大事にしていたので、状態もよく処分するにはもったいないし、売るのは思い入れもあるぶん、なんだか嫌で、同じように本の好きな子やこれをきっかけに本を好きになってくれる子がいればと思い通っていた保育園に相談したところぜひにとのことでしたので寄付しました。

 

なぜ【鹿児島市の公立保育園】に本・絵本を譲ることにしましたか?

娘が通っていて、保育園にもたくさんの本がありました。

 

娘が卒園してからでしたが、もう小学生になって読まない本もたくさんあるし、広くない家なので学校の荷物もたくさんあり、スペースも必要でした。

 

読まない本、どうしようかと娘と相談した時に、捨てるのは悲しいし売るのもなんだか寂しいと言う話になり、保育園に本がたくさんあるのを思い出して園の先生に相談し寄付しました。

 

娘が大好きだったのはしろいうさぎとくろいうさぎでした。

 

【鹿児島市の公立保育園】古本・絵本など寄付の受入状況

本の寄付はとても喜んでいただけました。

 

読み聞かせの時間も毎日あったり、子供が扱うので破れてしまうこともあったりでいくらでもありがたいと言って頂けました。

 

各部屋の壁一面が大きな本棚だったのでスペースはじゅうぶんありました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

うちの子供たちは絵本が大好きでした。

 

しゃべれるようになる前から毎日絵本を読んであげていましたが、しゃべれるようになってからは絵本を丸暗記してまだ字は読めないのに本を持ってかわいらしい幼い語り口で自分で読んでいたのが今でも大切な思いでです。

 

そういった大切な本だったので、寄付をした本が今もしかしたら同じように本が大好きなかわいい子供たちに少しでも本を読む楽しさや思い出の本との出会いにつながっていたら嬉しいなぁと思います。

 

これから本・絵本を寄付をされる方へ

大人になると絵本を読むことはなかなかありませんが、親になって改めて絵本の素晴らしさを感じました。

子供の心のやわらかさ、広さは無限だと思います

 

大切な本だからこそ、うちの子供は寄付する方法を選びました。

 

寄付をする時には読み返しながら汚れや曲がりがないか一緒に確認して、今までありがとうと言って袋に詰めました。

 

大きくなった今でもはっきりとその時のことを覚えているそうです。

 

寄付をするときは、ぜひ一緒に読み返してありがとうとお別れしてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました