贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【NPO法人 チャリボン】本・絵本寄付の口コミ体験談

【NPO法人 チャリボンに、古本・絵本を寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、本・絵本を寄付しようと思いましたか?

H.Kさんの本・絵本寄付体験談をご紹介します

テレビを見てきたら、ある番組で特集されていました。

それを見て本が好きな僕は寄付すれば自分の周りもスッキリし、そして何より眠っていた本たちが、また違う人の手元に行き、役に立ってくれんじゃないかと思い、寄付しようと思いました。

今まではそんな寄付しようなんて全然考えてなかったのですが、たまたま見たテレビ番組に心を惹かれ、使わないものを再利用し、WINWINの関係になっていけばこの世の中の役に立てると思ったからです。

 

なぜ【NPO法人 チャリボン】に本・絵本を譲ることにしましたか?

昔から小説が好きで小学校の頃から本を読み続けてきました。

漫画ではなく、文字だけの小説に惹かれて小学校高学年時には、分厚い本などいろいろ読むようになりました。

中学校になると今までよりか幅広いジャンルに手を出すようになり、高校、大学では自己啓発本を読むようになりました。

特にamazon?この一社を知ればいい?にハマっていました。

しかし、新しい本を買えば買うほどどんどん本は溜まる一方です。

そこで、この本たちを有効に次に活用できないかと考え、その結果寄付という形にたどり着きました。

寄付したのはNPO法人で海外の貧しい人たちに送る物です。

持っている小説をほとんどお送りし、今まで自分の支えになっていた小説を次は貧しい人たちの役に立っていただきたいと思いました。

 

【NPO法人 チャリボン】古本・絵本など寄付の受入状況

送ってから返送で手紙が来たのは数日後のことでしたが、ものすごく歓迎してくれました。

今現在も大学時代に比べたら少なくなりましたが、少しずつ読んでいる本でまた溜まってきたら送るようにはしています。

送料はこちらはかかりませんでした。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

本の中でも特に野球に関する本がすごく好きで、自分が昔から野球をやってきたせいか、その本たちのおかげで自分を鼓舞することができていたと今は感じています。

すこし落ち込んだ時や、もうだめかもしれないと1人悩む夜などにいつも心の支えになったのは本でした。

いつのまにか時間を忘れ本の世界に吸い込まれるようになり、読み終わった後には、また次も頑張ろう、明日からも頑張ろうと強く思うようになったのを今でも思い出します。

本は僕にとってそんな存在でした。

 

これから本・絵本を寄付をされる方へ

今、溜まりに溜まっている本があるとしたら、その本のために何ができるかを最優先に考えてほしいです。

そしたら、絶対にその本たちを誰かに読んでもらいたい。

そう思うはずです。

捨てようかなと考えている人がいるのだとしたら、絶対にやめてください。

誰かのために誰かの支えになれば良いと考えていただきたいです。

 

タイトルとURLをコピーしました