贈る側も贈られる側もしあわせな【イマドキの寄付スタイル】とは?

【東百合丘こども文化センター】絵本寄付の口コミ体験談

【神奈川県川崎市麻生区の東百合丘こども文化センターに、絵本寄付した際の口コミ体験談をご紹介します。

古本・絵本寄付の受付状況や、送付前の連絡方法、送料の負担はどちらか?などは、各施設・団体ごとに寄付方法が異なります。

体験談は、個人の主観・当時の状況となります。絵本を寄付する際は、直接、各施設・団体に受付状況を確認してから持ち込むと良いですよ。

なぜ、絵本を寄付しようと思いましたか?

ちささんの絵本寄付体験談をご紹介します

絵本が大好きでたくさん買いますが、子どもが大きくなってくるともう読まないものも多くなりました。
転勤族だったこともあり、定期的に物の整理をしているなかで、本も残しておくものとそうでないものに分けようと思いました。
BOOK・OFFなどへの買取りも考えましたが、大したお金にはならないと思い、お世話になっている児童館の方にお話ししてみたところ、引き取ってくれるとのことでお願いしました。
その児童館には本のお部屋があり、そこでたくさんの親子が本を読むこともわかっていたので、我が家の絵本もそこに並べてもらえるなら嬉しいと思い寄付しました。

なぜ【神奈川県川崎市麻生区の東百合丘こども文化センター】に絵本を譲ることにしましたか?

子どもと一緒に日々通っているところだったこと、寄付したあとの本がどう扱われるのか想像できたこと、施設の方が顔見知りだったこと、の3つが寄付先を決めた要因です。
子どもが大きくなり、読まなくなった絵本が増えたタイミングで寄付しました。

【神奈川県川崎市麻生区の東百合丘こども文化センター】絵本寄付の受入状況

事前に確認してから持っていったので喜んでいただけたと思います。

施設の方と顔見知りだったため受け入れていただけましたが、大々的に寄付を募っているわけではないと思います。

普段使っている場所だったので、そちらにない本や、ボロボロになってしまっている本をメインに、自家用車で持っていきました。

 

本や寄付に対する【想い・思い出】

絵本は、ただの物ではなく親子の思い出もつまったものです。

でも、どんどん増えていくのをすべてとっておくわけにもいかないので、寄付はとても良い手段だったと思います。

古本屋さんで自分の本が安く並んでいるのを見るのは悲しい気持ちになりそうですが、お世話になっている児童館でたくさんの子どもたちにまた読んでもらえることを考えるととても嬉しい気持ちになります。

子どもたちも、読まなくなった自分の本が児童館に置いてあるということはなんだか特別な気持ちになったようで、家ではもう読まなかったのに、児童館で懐かしそうに開いたりしていました。

 

これから絵本寄付をされる方へ

寄付を受け付けてくださるところを見つけるのはなかなか難しいかもしれませんが、自分の家にあった絵本が他のお子さんにも長く読まれていくと思うととても幸せな気持ちになれます。

皆さまの絵本にもよい寄付先がみつかりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました